公害防止管理者制度

更新日:

ページID:P0007092

印刷する

公害防止管理者制度とは

公害防止管理者制度とは、事業者が工場を操業することに伴って発生する様々な公害リスクに対し、公害防止組織を整備することでそのリスクを適切に管理・減少させていくために作られた制度です。

都内における公害防止管理者制度には、国が定めた「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」(以下「法」といいます。)に基づくものと、都が定めた「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」(以下「条例」といいます。)に基づくものの2つがあり、法と条例によって設置を義務付けている工場は異なります。制度にあてはまる工場は、それぞれの公害防止管理者を選任し、届出書を提出する必要がそれぞれにあります。
詳細については以下の関連リンクをご確認ください。

法に基づく公害防止管理者制度の届出様式

条例に基づく公害防止管理者制度の届出様式

相談および届出窓口

 届出窓口は環境保全課(環境改善担当)となります。
 ただし、相談窓口は以下のとおりとなりますので、ご注意ください。

 水質関係のご相談:水環境整備課(042-642-1500
 それ以外に関するご相談:環境保全課(042-620-7255

関連ファイル

【参考】様式第二別紙(発生施設一覧)(ワード形式 39キロバイト)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課(環境改善担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7255 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム