平成30年度東京都教育委員会表彰

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0025733

印刷する

平成30年度東京都教育委員会表彰(健康づくり功労)において、市立由井第三小学校と市立ひよどり山中学校が「健康づくり優秀学校」を受賞しました。

      

表彰式は、平成30年12月21日(金曜日)に都民ホール(東京都庁都議会議事堂)で執り行われました。

この表彰は、児童・生徒の健康づくりを組織的、計画的に取組む学校を表彰することにより、学校の積極的な活動を奨励し、東京都における学校保健、学校安全の水準の向上を図るものです。

賞状賞状

健康づくり優秀学校 由井第三小学校の特色ある取組

「地域の特性を活かした健康教育」

 由井第三小学校は、「ともになかよく(徳)」「たのしく学ぶ(知)」「元気な子(体)」を学校教育目標(目指す児童像)とし、地域の教育資源を活用した自然観察・農業体験・地域伝統芸能(和太鼓・琴)習得活動『夢大地の取組』を推進している。その他、平成27年度より3年間、東京都教育委員会より日本の伝統・文化の良さを発信する能力・態度の育成事業推進校に指定され、和太鼓や琴など日本の良さを肌で感じることができる教育活動を推進している。

1 食育の推進

○食育につながる取組として、地域の協力者と協働して実践する一貫型農業体験活動がある。(低学年:ミニトマトなどの鉢植え夏野菜、3年生:畑でのサツマイモ等の畑作体験、5年生:代掻きから収穫、しめ縄づくりまでの稲作体験活動)さらに、食材に直接触れて調理の一過程を体験し、実際に味わうことを通じ、豊かな食の素晴らしさへの気付きを促す活動も実施(2年生:ソラマメやトウモロコシの皮むき、特別支援学級:グリンピースのさやむき)

2 安全活動

○様々な発災を想定した避難訓練を毎月実施。児童に予告なしに行うこともあり、「教師がいる・いない」「授業中・休み時間」等その場で適切な判断ができる危機回避能力の育成を行う。
○PTAおやじの会による防災体験学習。学校施設を活用し、消防署と連携した集団宿泊・炊き出し等を含む防災体験学習を実施。
○南大沢警察や交通安全協会と連携した交通安全教室の開催。

3 オリンピック・パラリンピック教育

○アスリートを招聘した道徳授業の実施。
○スポーツを通した異学年交流をすることで高学年にはリーダーシップ(自己有用感の醸成)、低・中学年児童にはフォロワーシップを育んだ。

4 健康教室等

○第6学年に対して学校薬剤師の「薬物乱用防止教室」の実施。第1学年に対しては手洗いの大切さの指導を実施。
○セーフティー教室での飲酒・喫煙防止に関する指導。

5 体力向上月間

○体力調査に向けた早朝・休み時間を活用した取組 強調月間の取組(各学期1回程度)
○大縄跳び、短縄跳び、マラソンタイム


6 保健活動

○保健委員会(児童)による、風邪等防止に向けた、うがい・手洗い強化への取組。保健集会の開催(パワーポイントや表示物を活用した健康・安全維持への啓発)
○生活習慣状況を把握(早寝、早起き、朝ご飯)
○専門家を講師として招聘したラジオ体操教室(近隣中学校等も連携)

7 緊急対応研修の実施

○消防署員によるAED講習・心肺蘇生法講習の実施。
○養護教諭を講師としたアレルギー対応講習。
○エピペン使用法講習、エピペンの打ち方、記録のとり方等。

由井第三小学校ホームページ(外部リンク)

健康づくり優秀学校 ひよどり山中学校の特色ある取組

「大学講師等と連携し、地域の特色を生かす体験学習、健康・安全教育」

本校では、教育目標・目指す生徒像を、(1)自ら考え、進んで学ぶ生徒(賢く) (2)正しく判断し責任ある行動をとる生徒(正しく) (3)心身を育み優しくたくましい生徒(逞しく)を設定している。この目標を達成するために、生命尊重、心の健康を保ち心身の主体者としての意識を高める、体力向上・食育を促し生活習慣を確立する等を基本方針とし、自分自身の健康に対する興味・関心を深め自ら健康を作り上げていくこと、健全な心身の発育・発達を各健康診断・保健学習・学校生活から見直し、より安全・安心な充実した生活の向上を目指している。


1 熱中症予防学習 【主任養護教諭・保健体育担当連携】

○体育大会の練習前、部活動でも本格的な練習に入る前に、「熱中症に注意しよう。知って防ぐ熱中症」をスローガンに全校生徒を体育館に集め、熱中症予防学習を行い事故防止に取り組む。

2 薬物乱用防止教室・薬の学習・禁煙教育

○全校生徒対象に、学校薬剤師・生活指導主任・保健体育科担当が連携し「薬物乱用防止教室」を実施。薬物乱用の健康への影響や社会的に引き起こされる問題について,正しい認識と判断力・意志決定能力を育み、社会の規範として広げ,生涯にわたって健康的な生活を自ら実践できる能力と態度を育成しました。
○1年生を対象に薬の学習。2年生を対象にたばこの害、禁煙教育。3年生を対象に禁煙教育や薬物乱用の健康被害について学校薬剤師と連携実施。

3 3学年生徒対象「心肺蘇生・一次救命処置学習」の実施【大学講師・主任養護教諭】

○「命を助けるために、私たちが出来ること」をテーマに、生涯に渡って、健康、安全に生活しようとする意識を持ち、命の尊さ、人を思いやること、命を助ける方法を身に付けることを学ぶ機会として、心肺蘇生法とAEDの使用法を学習。

4 食育指導

○総合的な学習の時間に年間を通して農業体験学習を全学年で実施。様々な野菜を栽培・収穫し、収穫祭を実施し季節の野菜の収穫を喜び、収穫した野菜を使用し調理して共に味わい食育を自然な流れの中で体験学習。

5 安全活動

○定期的に避難訓練を行う。様々なケースを想定した避難訓練を行っている。(例)授業中の大きな地震への対処方法を確認する。火災時の校庭への避難経路・避難方法を確認する。停電中(放送器具が使えない中で)の避難誘導。不審者対応など。
○地域(上大和田地区)防災訓練への参加  。【主任養護教諭・生活指導部】地域の防災啓発行事である「上大和田地区防災訓練」に保健委員・生徒会役員が担当教員とともに参加。防災意識を深めるとともに、「中学生の自分たちに何ができるか」をテーマに体験。

ひよどり山中学校ホームページ(外部リンク)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部保健給食課(保健担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7330 
ファックス:042-627-8813

お問い合わせメールフォーム