平成29年度東京都教育委員会表彰

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0025303

印刷する

平成29年度東京都教育委員会表彰(健康づくり功労)において、市立横山第二小学校および市立川口中学校が「健康づくり優秀学校」を受賞しました。


表彰式は、平成29年12月22日(金曜日)に都民ホール(東京都庁都議会議事堂)で執り行われました。

この表彰は、児童・生徒の健康づくりを組織的、計画的に取組む学校を表彰することにより、学校の積極的な活動を奨励し、東京都における学校保健、学校安全の水準の向上を図るものです。
平成29年度は小学校と中学校両校の取り組みが高く評価され、優秀校を受賞しました。

健康づくり優秀学校 横山第二小学校の特色ある取組

「多角的な健康教育の推進 ~日常生活の安心・安全を守るために~」

横山第二小学校は「思いやりのある子」の育成を学校重点目標に心身の調和のとれた児童の育成に取り組んでいる。多岐にわたる特色ある教育活動を実施しており、児童が家庭や地域で、遊び・行事・スポーツ活動などの生活体験や社会・自然体験を豊かにできるよう、保護者・地域と連携を深めながら心と体の健康づくりに努めている点が高く評価された。

1 通学路点検・登校風景確認

学校長が毎朝、通学路点検とゴミ拾い。登校の様子確認。地域住民から情報収集、各担任等へ連絡報告・情報共有を実施している。

2 朝の健康観察

児童が毎朝校長室へ欠席調べを届け(挨拶・報告)、全校児童の体調把握のための仕組みづくりをしている。

3 全校児童の校長室会食

学校長の主導のもと、校長室で全校児童との会食を実施。児童理解、学級の状態把握、学級担任の様子確認、担任と学校長との連携などに繋げている。

4 緊急対応研修の実施

AED講習・心肺蘇生法講習(消防署員)、アレルギー対応講習(養護教諭講師)、エピペン使用法講習等、全教職員で情報共有をしている。

5 児童の体調管理

体育館に熱中症計設置するなど、児童自身が体調管理できる環境づくりを行っている。夏季期間は保健室で保冷剤・氷、冬季期間はひざかけを貸出。保健室内は適宜「BGM」、児童の情緒を安定させる工夫を実践。

6 オリンピック・パラリンピック教育

(1)2020年に開催される「東京オリンピック」を動機付けとし児童の体育への関心・意欲を高め、日常的にスポーツに親しむ態度を養い、体力・運動能力の向上を図る。
(2) 国際理解教育の観点からオリンピック・パラリンピックの歴史や意義・理念等を学習すると共に八王子市に住む外国の方とオリンピック・パラリンピックを話題として交流することで、自国の文化と他国の文化の違いを知り互いを認め合い尊重し合える心を育む。
(3) オリンピアン・パラリンピアンと児童との交流を通し、運動・スポーツを一層親しむことができるようにすると共にキャリア教育の観点から自分の夢や将来について希望を抱き、努力していく態度を養う。

7 いじめ未然防止

スクールカウンセラー(SC)による5・6年生児童の全員面接。児童朝会・児童集会等を活用し委員会の児童が寸劇を通して「いじめ防止」について伝える

8 ホームページ等の活用

スクールカウンセラーによる児童理解・対応等の記事、学校医に専門的見地からの留意事項記事を学校だよりに掲載。HPは毎日更新。

9 今後の課題

「学校では様々な活動に取り組みながら児童の健康安全教育を推進している。学校長として、児童が毎日、安全に、安心して登校できることが一番嬉しいことである。そんな中、食物アレルギー対応、感染症対応、体力向上、災害時対応、不審者対応等、学校・家庭・地域が連携しなければ対応することが難しい課題も増えているが、これからも横山第二小学校らしい特色ある健康教育を地域とともに推進していく。」

hachioji-school.ed.jp/yky2e/横山第二小学校ホームページ(外部リンク)

健康づくり優秀学校 川口中学校の特色ある取組

「地域の特性を活かし「コミュニティ川口」として小中連携健康・安全教育」

八王子市立川口中学校では、地域運営学校「コミュニティ川口」として地域と学び高めあう学校像をめざし、<賢く>進んで学ぶ人、<逞しく>心身を鍛える人、<心豊かに>責任を重んじ豊かな心の人という3つの教育目標を達成するため、「愛情・誠意・忍耐をもって全力で教育にあたる」の指導方針のもとで「み(身だしなみ)・そ(掃除)・あ(挨拶)・じ(時間)・は(話を聴く)」を指導の重点目標とし、生徒の基本的生活習慣の定着を図っています。

1 小中連携学校保健委員会の活性化

学校医、学校歯科医、学校薬剤師、PTA会長、PTA役員、保護者、小中一貫連携小学校養護教諭、小学校栄養士、養護教諭を構成員として、定期健康診断の結果、生徒保健給食委員会活動の取り組みによる生活アンケート集計結果の報告を基に、健康課題について保護者との連携を深める契機としています。小学校栄養士による本校の特色ある親子給食についての講話、「和食の推進」「牛乳の推進」など、成長期にある子供の食の重要性、外部講師による「熱中症予防講演会」を開催、協議内容を学校保健委員会だよりに掲載し全家庭に配布、組織的にQOL(生活の質)の向上を目指した心と体の健康づくり体制に努めています。

2 学校薬剤師との連携による飲酒、喫煙、薬物乱用防止教室

学校薬剤師を招聘し、生徒保健給食委員会司会進行、ロールプレイによる創造的活動をはじめ、飲酒、喫煙、薬物乱用防止についての専門職を活かした講話、パワーポイントによる説明、科学的な根拠に基づく薬物乱用防止啓発活動に取り組んでいます。

3 実践的な生徒保健給食委員会

いい歯、歯磨きキャンペーンを実施し、歯の健康校内放送活動、染め出し、歯磨き指導、口腔衛生活動、応急手当て講習、AED活用練習など体験、参加型の活動の充実を図っています。

4 食育の推進

生徒保健給食委員会による食育の日の放送、ポスター掲示、親子リクエスト給食アンケート立案集計、バランス献立コンテスト応募、給食試食会など小中9年間を通して主体的な生涯を通じた健康づくり「自分で弁当を作ることができる子ども」の育成を目指した食育を実践しています。

5 災害防災本部としての安全教育

月毎の校内防災避難訓練、家庭、地域の学校安全ボランティアなどによる登下校の見守り活動、地域清掃活動、集団下校訓練時の地域町会長の講話、八王子警察署によるセーフティー教室不審者情報、防災マップ、危険箇所点検、緊急発生時対応校内研修を実施しています。

hachioji-school.ed.jp/kwgtj/川口中学校(外部リンク)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部保健給食課(保健担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7330 
ファックス:042-627-8813

お問い合わせメールフォーム