構造改革特別区域計画について

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0004715

印刷する

「構造改革特別区域計画認定」

特区の名称「不登校児童・生徒のための体験型学校特区」

不登校児童・生徒のための公立小中一貫校の開校に向けて、教育課程の弾力化を可能とする教育特区の申請を平成15年4月1日に行い、同21日に認定を受けました。

これにより、

  1. 一人一人の学力に合わせた習熟度別ステップ学習の実施
  2. わかる喜びを体得できる個別指導の実施
  3. 社会性を育成し、自分を磨くことのできる多様な体験的な学習の実施

など学習指導要領を弾力的に運用することにより、特色ある教育課程を編成することができる公立の小・中一貫校を設立しました。
八王子市での取り組みの成果が認められ、文部科学省の認可を得ることで、現在ではどの自治体でも同様の学校を設立することができるようになりました(平成17年7月から)。
これに伴い、本校も構造改革特別区域ではなく、文部科学省の認可事業となりました。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部教育支援課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7339 
ファックス:042-627-8813

お問い合わせメールフォーム