不健全指定図書に関する指導基準

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0001097

印刷する

不健全指定図書に関する指導基準

  1. 八王子市青少年の健全な育成環境を守る指導要綱実施要領第5条の規定による不健全指定図書への指導基準は次のとおりとする。
  2. この基準における用語の意義は次のとおりである。
    (1)不健全指定図書
    東京都青少年の健全な育成に関する条例(昭和39年8月1日 東京都条例第181号)第8条の規定に基づき、不健全指定図書として指定された商品
    (2)青少年
    18歳未満の者をいう。
    (3)事業者
    不健全指定図書を販売し、頒布し、貸し付け(以下「販売等」という。)ようとする者
  3. 事業者に対する営業の指導基準
    (1)不健全指定図書は青少年に販売等を行わないこと。
    (2)販売等については特別なコーナーを設け、一般商品とは区別し、青少年の目に直接触れないようにとすること。(混売しないよう十分留意すること。)
    (3)自動販売機による不健全指定図書の販売は行わないこと。
    (4)近隣住民から説明を求められたときは応じること。
  4. 施設立地に関する指導基準
    事業者は、次に定める施設の敷地界から、おおむね100メートルの範囲内に不健全指定図書の販売等施設を設けないこと。
    ア 学校(学校教育法第1条に規定する学校)
    イ 図書館(図書館法第2条に規定する図書館

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部児童青少年課(青少年担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7435 
ファックス:042-627-7776

お問い合わせメールフォーム