仕事と不妊治療の両立について

更新日:

ページID:P0030472

印刷する

近年、夫婦約5.5組に1組が不妊検査や治療を経験しています。また、不妊治療を経験した方のうち16%(女性の場合は23%)が、不妊治療と仕事を両立できずに離職しています。
このような状況に対し、厚生労働省では、不妊治療についての職場における理解を深め、不妊治療のための休暇制度等を利用しやすい環境整備に取り組む企業を支援しています。

不妊治療と仕事の両立に関するマニュアル・ハンドブックについて

不妊治療についての解説のほか、不妊治療と仕事の両立を支援するための各種制度の導入ステップや内容の説明のほか、企業の事例を紹介しています。「不妊治療連絡カード」については、企業側と従業員の方をつなぐツールとして活用していただけます。

「不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりのためのマニュアル」(外部リンク)

「不妊治療と仕事の両立サポートハンドブック」(外部リンク)

「不妊治療連絡カード」(外部リンク)

両立支援等助成金(不妊治療両立支援コース)について

不妊治療と仕事の両立に資する職場環境の整備に取り組み、不妊治療のために利用可能な休暇制度や両立支援制度を労働者に利用させた中小企業事業主を支援することにより、不妊治療による離職防止を図ります。

詳しくは、厚生労働省「事業主の方への給付金のご案内」(外部リンク)をご覧ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康医療部保健対策課
〒192-0046 八王子市明神町三丁目19番2号 東京都八王子合同庁舎5階
電話:042-645-5162 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム