現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健所 > 予防接種 > 風しんの第5期の定期予防接種について

風しんの第5期の定期予防接種について

更新日:令和元年5月30日

ページID:P0024959

印刷する

市では、令和4年(2022年)3月末までの間、風しんの抗体保有率の低い昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性に、風しん感染拡大防止のための対策を実施します。

対象となる方には、無料で抗体検査及び予防接種を受けることができるクーポン券を発行します。

クーポン券の詳細についてはこちらをご確認ください。

対象者

八王子市に住民登録があり、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性で、抗体検査の結果、風しんの抗体価がHI法で8倍以下、EIA法で6.0未満(EIA価)、15未満(国際単位 (IU)/ml)等の方が対象となります。

ただし、以下の方は抗体検査や定期予防接種を行う必要はありません。

・これまでに風しんにかかり、検査等による確定診断を受けたことがある方

・平成26年(2014年)4月1日以降に受けた風しん抗体検査で、上記の風しんの抗体価を上回っていることが分かっている方

実施期間

令和元年(2019年)7月1日から令和4年(2022年)3月31日まで

費用

無料

※1人1回のみで、市が発行するクーポン券を使用した場合に限ります。

実施方法

定期予防接種の実施までの手順

市からクーポン券が到着

  ↓

実施医療機関へ抗体検査の受診の予約

  ↓

受診当日、クーポン券、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

を実施医療機関に持参

  ↓

抗体検査を受ける(結果が出るまで数日かかります)

  ↓

風しんの抗体価がHI法で8倍以下またはEIA法で6.0未満(EIA価)、15未満(国際単位 (IU)/ml)等の場合、実施医療機関へ予防接種の予約

  ↓

接種当日、風しんの抗体価がわかる証明書、クーポン券、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

を実施医療機関に持参

  ↓

実施医療機関で配布される予診票を記入し、予防接種を受ける

実施医療機関について

市内医療機関では、令和元年(2019年)7月1日以降、抗体検査及び予防接種を実施します。

風しんの抗体検査及び第5期の定期接種 実施医療機関一覧(PDF形式 148キロバイト)


また、全国の実施医療機関でも抗体検査及び予防接種を受けることができます。実施医療機関は、下記の厚生労働省ホームページよりご確認ください。

厚生労働省ホームページ(外部リンク)

なお、社会保険に加入している場合は、職場の事業所健診にて抗体検査を受けられる場合があります。詳細については、職場の健診担当部署までお問い合わせください。

接種後に起こりうる副反応について

接種後に起こりうる副反応は、全身反応として発熱と発疹があり、これは接種後4週間くらいまであらわれることがあります。局所反応としては接種した部位の赤み、腫れ、しこり等があります。

非常にまれですが、アナフィラキシー(注)などの重大な副反応があるといわれています。

通常の反応のほかに何らかの異常(けいれん・高熱など)が強く出た場合には、速やかに医師の診察を受け保健所健康政策課へ連絡してください。

(注)アナフィラキシー:通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと。顔が急にはれる、全身にひどいじんましんが出る、息が苦しい、嘔吐などの症状やショック状態になるような、激しい全身反応のこと。

健康被害救済制度

定期予防接種を受けて、万が一、重篤な健康被害が発生し認定された場合には、予防接種法の規定に基づき健康被害に対する給付が行われます。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部健康政策課
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5111 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム