現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健衛生・医療に関するお知らせ > よくある質問 (コロナワクチン)

よくある質問 (コロナワクチン)

更新日:令和3年4月30日

ページID:P0028511

印刷する

1.接種について  2.対象者について  3.優先順位について
4.接種会場・時間について 5.クーポン券について  6.予約について
7.予約システムについて  8.接種当日について  9.ワクチンについて
10.接種間隔について  11.副反応・健康被害について
12.コールセンターについて  13.その他

1.接種について

1 接種は必ず受けなければいけないのか? 接種を受けるかどうかは、ご自身の判断になります。
2 接種を受けないことによる罰則があるか? ありません。
3 費用がかかるのか? 無料です。
4 なぜワクチン接種するのか?予防接種をすれば新型コロナウイルスに感染しないのか? 予防接種をすることで、発症するリスクが下がる効果や、感染してしまった場合でも重症化しないなどの効果が期待されています。しかし、予防接種によって、感染を100パーセント予防できるものではありません。引き続き、感染予防対策(こまめな手洗い、マスクの着用、健康的な食事、十分な休養、3密の回避など)を行っていただくことが大切です。
5 接種は何回受けるのか? 1人2回です。
6 必ず2回接種しなければならないのか?1回だけだと効果がないのか? 2回接種することで効果が高まると言われています。1回目に接種した際にアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな方は、接種不適者になります。
7 どのようにすればワクチン接種ができるのか? 八王子市では、市民宛てに個別でクーポン券を郵送します。そのクーポン券をもとに、専用の予約サイト、または市のコールセンターに電話をして予約をしていただきます。まずは、クーポン券の郵送をお待ちください。
8 接種手続きの流れは? (1)市からクーポン券が郵送される、(2)1回目の予約をする、(3)1回目の接種を受ける、(4)2回目の予約をする、(5)2回目の接種を受ける、という流れです。
9 事前にマイナンバーカードやLINEアプリの取得が必要か? いずれも必要ありません。
10 ワクチン接種はいつから受けられるのか? 65歳以上の方は4月12日から接種を開始しています。ただし、4月はワクチンの供給量が少ない見込みです。そのほかの方については、ワクチンの供給量が不明なため、具体的な時期は未定です。
11 認知症などで本人に接種意思を確認することができない場合、家族が同意すれば接種を受けられるか? 接種には、ご本人の接種意思の確認が必要です。意思を確認しにくい場合は、ご家族等に協力いただき、ご本人の意思確認をお願いします。
なお、ご本人が接種を希望されていているものの、何らかの理由でご本人による自署が困難な場合は、ご家族の方等に代筆していただくことは可能です。
12 介護が必要な場合や、自宅での接種を希望する場合、どのように接種を受ければいいか? 付き添いの方の同伴のもと、接種会場で接種を受けることは可能です。
本市では、ワクチンを効率的に運用するために、現在は市の公共施設などに出向いて接種を受けていただく「集団接種」の方法で実施していますが、今後複数のワクチンが承認された場合は、医療機関での個別接種も開始する予定です。開始時期がわかり次第、ホームページや広報でお知らせします。
ご自宅での接種を希望される方で、市外の医療機関から訪問診療などを受けている場合は、自治体により接種体制が異なるため、医療機関にご相談ください。
13 現在市内の高齢者等施設に入所しているが、どのように接種を受ければいいか? 高齢者等施設に入所している65歳以上の方のうち、市が事前に調査を行い、希望があった方については、4月5日に直接施設にクーポン券を送付しました。
また、4月12日から施設での接種を開始します。今後はワクチンの供給量に応じて、従事者との同時接種を順次進めていきます。ゴールデンウィーク明けから接種が本格化するので、5月10日以降に入所している施設に確認してください。
14 現在拘留中だが、どのように接種を受ければいいか? 市からクーポン券が届いたら、施設に確認してください。
15 足が悪くて接種会場まで行けないが、送迎してもらえるか? 接種のための送迎を実施する予定はありません。
16 未成年者の接種について、保護者の判断で、努力義務となるのか? 努力義務とはなりますが、予防接種の有益性と危険性について、本人と保護者が理解した上で、接種に同意した場合に限り接種を受けることになります。
17 未成年者ですが、保護者が接種に同伴できない。どうすればいいか? 原則、保護者の同伴が必要です。あらかじめ、接種することについて、保護者の同意を予診票上の保護者自署欄にて確認できた場合は、保護者の同伴は要しないとされていますが、予診票の質問事項に関する問診を通じ、不適当要件などの確認のため、医師が必要に応じて保護者に連絡することがあります。なお、未成年者でも既婚者の場合は保護者の同伴は不要です。
18 基礎疾患(またはアレルギー)があるが、接種を受けても大丈夫か? 下記に該当する方は、必ず接種前にかかりつけ医にご相談ください。
(1)抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または
 凝固障害のある方
(2)過去に免疫不全の診断を受けた方、先天性免疫不全
 症の近親者がいる方
(3)心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎
 疾患のある方
(4)過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や
 全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出
 た方
(5)本ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こる
 恐れのある方
(6)ラテックス過敏症のある方
 (※ファイザー社製はラテックス不使用)
(7)過去に薬剤で過敏症やアレルギーを起こしたことの
 ある方
19 妊娠している(または授乳している)が、接種を受けても大丈夫か? 妊娠中、授乳中の方も、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、海外の実使用経験などから現時点で特段の懸念が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。ワクチンを受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。
20 新型コロナウイルスに感染したことがある人は接種できるか? すでにコロナウイルスに感染した方も、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、受けた治療の内容によっては、治療後から接種まで一定の期間をおく必要がある場合がありますので、いつから接種できるか不明な場合は、主治医にご確認ください。

2.対象者について

1 年齢制限はないのか? ファイザー社製のワクチンは16歳以上(接種時)の方が接種対象となります。
2 ワクチン接種できない人はどういう人か?

予診の結果、下記に該当する方は本ワクチンを接種できません。該当すると思われる場合は、必ず接種前にかかりつけ医にご相談ください。

(1)新型コロナウイルス感染症にかかる予防接種を受けたことがある人で、接種を行う必要がないと認められる人
(2)明らかに発熱している人(※1)
(3)重い急性疾患にかかっている人
(4)本ワクチンの成分に対し重度の過敏症(※2)の既往歴のある人
(5)新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の成分によって、アナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな人
(6)上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある人
(※1)明らかな発熱とは、通常37.5度以上を指します。ただし、37.5度を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状・喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

3 別の自治体に住民票があるが、八王子市で接種できるか? 住民票のある市での接種が原則です。
ただし、長期入院等で住所地での接種が困難な方は、滞在先での接種が認められる場合があります(詳しくは質問2-4参照)。
住民票のある自治体から通知が届きますので、現住所に届くように転送等のご準備をお願いします。
現在市内に住民票のある方から接種を実施しています。市外に住民票のある方で八王子市での接種を希望する方の手続等については、今後市のホームページや広報でお知らせしますので、しばらくお待ちください。
4 八王子市に住民票があるが、現在他の自治体に住んでいる。この場合、八王子市で接種を受けなければいけないか? 国が示した以下の項目に当てはまれば、他自治体でも接種できます。
(1)出産のために里帰りしている妊産婦
(2)単身赴任者
(3)遠隔地に下宿している学生
(4)ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者
(5)他自治体での入院・入所者
(6)基礎疾患を持っていて、他自治体にいる主治医のもとで接種を受ける場合
(7)災害による被害を受け、他自治体に住んでいる
(8)拘留、または留置されている者、受刑者
なお、(1)~(4)の場合は、市町村への申請が必要です。
(手続等については、実際にお住いの自治体にお問い合わせください。)
5 1回目の接種を受けた後に、市外に転出した。2回目の接種はどうすればいいか? 転出先の自治体に届出を提出すると、転出先の自治体から新しくクーポン券が発行されます。なお、1回目の接種済証明書は保管してください。
6 転入してきたが、どうすれば接種が受けられるか? こちらからクーポン券を郵送しますので、しばらくお待ちください。65歳以上の方で4月12日までに転入してきた方については、すでに発送しました。それ以降の方については順次発行しますので、しばらくお待ちください。(発送までに2~3週間程度かかります。)
7 生活保護受給者も対象になるか? 対象になります。
8 市内在住の外国人も接種を受けられるか? 住民票のある市での接種が原則となりますので、本市に住民登録があれば、本市で接種できます。クーポン券が届くのをお待ちください。
9 海外在住ですが、現在八王子市に居住している。滞在予定期間は6カ月未満のため、住民登録はしていない。接種が受けられるか。 住民登録がないため、クーポン券は送付しませんが、日本で2回の接種が可能な場合は接種対象となります。手続き方法については、決まり次第、広報やホームページでお知らせします。なお、接種の順番や開始時期は年齢によって決定されますので、御自身の年齢が接種対象となるまでお待ちいただくことになります。

3.優先順位について

1 予約できる順番は? (1)医療従事者等、(2)65歳以上の方、(3)基礎疾患を有する者、(4)高齢施設等の従事者、(5)60~64歳の方、(6)それ以外の方が接種順位となります。
2 優先順位の「高齢者」とは何歳からか? 令和3年度中に65歳以上に到達する方です。(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
3 基礎疾患とは具体的に何を指すのか?

1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
 (1)慢性の呼吸器の病気
 (2)慢性の心臓病(高血圧を含む)
 (3)慢性の腎臓病
 (4)慢性の肝臓病(肝硬変等)
 (5)インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病、または他

  の病気を併発している糖尿病
 (6)血液の病気(ただし、鉄欠乏症貧血を除く)
 (7)免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受

 けている悪性腫瘍を含む)
 (8)ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を

 受けている
 (9)免疫の以上に伴う神経疾患や神経筋疾患
 (10)神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰

 えた状態(呼吸障害等)
 (11)染色体異常
 (12)重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的

 障害とが重複した状態)
 (13)睡眠時無呼吸症候群
 (14)重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院し

  ている、精神障害者保健福祉手帳を所持してい

  る、または自立支援医療(精神通院医療)で

  「重度かつ継続」に該当する場合)や、知的障

  害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
 ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 ※BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、

 身長160cmで体重77kg

4 糖尿病などの基礎疾患があるが、市で対象者を把握しているのか? 市では、市民の方の基礎疾患等の情報については把握していません。このため、市から郵送する予診票にその旨を記載し、接種当日に会場にご持参ください。なお、集団接種会場では個別に皆様の健康に関することや基礎疾患について相談を受けることはできないため、ご心配なことがある方は、事前にかかりつけ医にご相談の上、接種の判断をしてください。
5 基礎疾患を証明するために、診断書が必要か 診断書等は必要ありません。市が郵送する予診票に記載し、当日お持ちください。
6 接種順位ごとの接種可能時期はいつか 65歳以上の方は4月12日(月)から接種を開始する予定です。そのほかの方については、ワクチンの供給量が不明なため、具体的な時期は未定です。
7 なぜ優先順位を設けているのか? ワクチンの量が限られているため、まずは重症化リスクの高い方に接種することで、重症者や死亡者を減らすことが期待されます。また、医療提供体制を守ることも大切であるため、優先順位が設けられています。
8 自分が該当する優先時期に接種を受けなかった場合、その後は受けられなくなるのか? あくまで優先接種ですので、優先時期を過ぎても接種は可能です。
9 海外に滞在の予定があるが、出国前に優先的に接種を受けられるか? 接種の順番や開始時期は年齢によって決定されますので、ご自身の年齢が接種対象となるまでお待ちいただくことになります。
10 基礎疾患の中に「自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)」とあるが、自分が「重度かつ継続」に該当するのかわからない。 自立支援医療(精神通院)にて「重度かつ継続」に該当するかについては、区分により受給者証に記載されていない場合があります。そのような場合の対応については、現在国に問い合わせており、対応が決まり次第ホームページ等でお知らせします。

4.接種会場・時間について

1 八王子はなぜ集団接種なのか? 円滑かつ効率的に接種を実施するために、集団接種を先行して実施します。今後複数のワクチンが承認された場合は、医療機関での個別接種も開始する予定です。
2 接種の会場はどこか? 平日は、八王子市役所本庁舎、八王子スクエアビル(11階学園都市センター)、石川市民センター、イトーヨーカドー南大沢店、イーアス高尾、高尾の森わくわくビレッジ
、日曜日は市内の小中学校の体育館で実施します。
なお、当初はワクチンの供給量が少ないことが見込まれるため、ワクチンの供給量を考慮しながら順次開設する予定です。5月以降の具体的な日時や会場については、広報5月1日号やホームページでお知らせします。
3 接種会場はどのように選んだのか? 市民の皆様が、行きやすいように各地域に分かれるように調整をしています。
4 会場に車で行くことは可能か? 原則、公共交通機関での来場をお願いします。
5 会場はバリアフリーに対応しているか?(車いすでも来場できるか?) 小中学校の会場については、学校までのアクセスも含めて、完全にバリアフリーになっているところが少ないため、足の不自由な方は、平日会場(6か所)での接種をご検討ください。また、中野北小、松が谷小、愛宕小、松木小、上柚木小、元木小には多機能トイレはありません。
6 ドライブスルー方式等の導入予定はあるか? ありません。
7 学校や職場で接種を受けることはできるか? 集団接種会場として指定の市内小・中学校で接種は可能だが、それ以外の学校や会社での接種は実施する予定はありません。
8 市外のかかりつけの診療所で接種できるか? 現在の国の指針では、基礎疾患を持っている方については可能とされています。自治体によって接種体制が異なるため、一度かかりつけ医師にご相談ください。
9 2回目の接種は別の会場で受けられるか? 会場の指定はありません。ただし、会場によって取り扱うワクチン(製薬会社)が異なる場合があります。1回目と2回目のワクチンが同じ製薬会社のものであるかご確認の上、接種してください。
10 集団接種会場では、どのような感染対策を行っているのか? 広い会場の確保、予約制による入場制限、ロープなどで進行方向に一定の流れをつくる、会場入り口での検温、などの感染対策を行います。
11 病院で接種を受けられるか? ファイザー社製ワクチンについては、集団接種で行うため、個別の医療機関での接種はできません。その他のワクチンが入ってきた際は個別の医療機関でも実施する予定ですので、個別医療機関での接種をご希望の場合はしばらくお待ちください。
12 医療機関での接種(個別接種)はいつから始まるのか? 今後複数のワクチンが承認された場合は、医療機関での個別接種も開始する予定です。ファイザー社以外のワクチンは現在未承認のため、時期については未定です。
13 かかりつけの診療所で接種したいので、個別接種が始まるまで待つことはできるか? できます。優先順位はあくまでも優先的に接種が受けられる期間であり、その期間を過ぎても接種を受けることは可能です。
14 会場で接種が受けられる時間帯は? 4月については、市の通知またはホームページをご確認ください。5月以降については、広報5月1日号やホームページでお知らせしています。
15 会場で外国語対応をしてもらえるか? 八王子スクエアビルでは、5月13・20・25日、6月3・10・17・22・29日は英語対応が可能です。

5.クーポン券について

1 クーポン券はいつ発送されるのか? 65歳以上の方には3月29日に発送しました。そのほかの方には6月頃に発送する予定です。(※ワクチンの供給状況により、郵送時期が変更になる可能性があります。国から発送時期が示されるまでしばらくお待ちください。)
2 クーポン券は全市民に一斉に送られるのか? 国が示す優先順位に基づき、順次発送します。発送時期については、質問5-1(上記)を参照。
3 クーポン券は家族単位で送られるのか? 対象となる市民の方に、個別に通知します。
4 住民票登録地以外の住所にクーポン券を送ってほしい 対応できかねますので、ご家族に転送してもらう、あるいは郵便局で転送手続きをする等のご準備をお願いします。
5 クーポン券が届かないが、どこの住所に送ったのか 住民票の所在地に送付しています。具体的な住所についてはお答えできません。
6 成年後見人をしているが、対象となる被成年後見人のクーポン券を送ってほしい 現在調整中です。決まり次第、市ホームページや広報でお知らせします。
(成年後見登記制度に基づく登記事項証明書(の写し)等により、成年後見人等と接種の対象者との関係、成年後見人等の送付先住所の確認が必要。)
7 自分のクーポン券をあげたり、他人のクーポン券を使用できるか? できません。クーポン券は本人のみが使用できるものであり、他の者に譲ることはできません。
8 クーポン券が届いていないが、接種を受けられるか? できません。クーポン券が届いてから、予約をして接種を受けてください。
9 クーポン券が届かない コールセンター(0120-383-183)で再発行を行います。なお、新しいクーポン券が届くまでに2週間程度かかります。
10 クーポン券が届かない場合、窓口や電話等で予約受付番号を教えてもらえるか 窓口や電話等で予約受付番号を教えることはできません。クーポン券が届くまでお待ちください。
11 クーポン券をなくした・破損した コールセンター(0120-383-183)で再発行を行います。なお、新しいクーポン券が届くまでに2週間程度かかります。
12 八王子市に転入してきたが、クーポン券はいつ送付されるのか(65歳以上の方) 3月8日以前に転入してきた方は、3月29日に発送しました。それ以降に転入してきた方は、次の予約に間に合うように4月下旬に発送します。
13 外国語で説明してほしい 市から送付する通知のうち、「予診票」、「新型コロナワクチン接種のお知らせ」、「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」については、国のホームページに17言語に翻訳されたものが掲載されておりますので、ご参照ください。
(URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/
bunya/vaccine_tagengo.html)
また、コールセンターでは、英語・中国語・韓国語に対応しています。
14 点字で対応してほしい 封筒にワクチンクーポンである旨の記載をします。ただし、封入物まで全文は対応しておりませんのでご了承ください。
15 クーポン券に記載されている「接種のご案内リーフレット」とは何か? 「接種のご案内リーフレット」とは、「新型コロナワクチン接種のお知らせ」(紫色の案内)を指します。
16 クーポン券発送後に死亡した。クーポン券の取り扱いはどうしたらよいか お手数ですが、クーポン券等一式は破棄してください。
17 クーポン券発送後に転居(市内)した。クーポン券はどうしたらよいか そのままご使用いただけます。予診票の住所は新しい住所を記入してください。
18 クーポン券が届いたが市外へ引っ越した。接種を受けるためにはどうすればいいか? 届いたクーポン券はお使いいただけませんので、転出先の自治体で新しいクーポン券の発行を受けてください。

6.予約について

1 予約は必要か? 必要です。接種会場で1日に実施できる人数に限りがありますので、必ず予約を行ってください。予約は、(1)パソコンやスマートフォンから専用の予約サイトで予約、(2)コールセンターに電話をして予約、の2つの方法があります。ただし、(2)のコールセンターは、時間帯によってはお待ちいただくこともありますので、(1)の予約サイトでの予約をお勧めします。
2 パソコン・スマホを持っていないが、電話で予約できるのか? コールセンターへ電話をしていただければ、予約ができます。
3 予約の時間は指定できるのか 予約枠を15分ごとに設定しています。空きのある時間で予約をしてください。
4 2回目の予約はいつからできるのか? 1回目の接種当日以降に2回目の予約ができます。ただし、5月以降の予約については、広報5月1日号やホームページでお知らせします。
5 1回目と2回目の接種予約を一度にできるか? 1回目と2回目の接種の間には一定の間隔を空ける必要があるため、一度に2回分の予約は取れません。2回目の予約は1回目の接種日以降に予約できます。ただし、5月以降の予約については、広報5月1日号やホームページでお知らせします。
6 一度に複数人の予約ができるか? 予約枠に限りがあるため、1人ずつの予約が必要です。電話予約の場合は、ご家族の方であれば、1回のお電話で最大5名まで予約ができます。
7 家族で同じ時間に予約できるか? 1人ずつの予約が必要ですが、接種会場に空きがあれば可能です。
8 予約の空き状況や、自分の予約状況はどのように確認できるか? 専用の予約サイト、またはコールセンターで確認できます。
9 予約のキャンセルはできるか? できます。接種会場では、当日の予約人数に応じたワクチンを用意していますので、2日前までに、専用の予約サイト又はコールセンターでキャンセル手続きをお願いします。前日以降は、コールセンターにお願いします。

7.予約システムについて

1 どのようなシステムを利用するのか? 市独自に開発したシステムを使用します。LINEを導入する予定はありません。
2 予約システムで、接種会場の空き状況を確認できるか? できます。(〇:空き、△:空きが少ない、×:満員)
3 予約は本人がしなければならないのか? 本人から依頼を受ければ、コールセンターで代理入力が可能です。または、ご本人以外の方がご本人の同意を得たうえで代理で入力することも可能です。
4 予約をした後に、時間や会場の変更はできるのか? 予約サイトで予約を取り消したうえで、再度予約をしてください。
5 予約をした内容はどのように確認をすればいいか? 予約サイト、またはコールセンターでご確認ください。
※4月の予約情報についてはホームページに掲載していますので、事前に確認をお願いします。(URL:https://www.city.hachioji.tokyo.jp/
kurashi/hoken/007/013/p029053.html)

8.接種当日について

1 接種当日の持ち物は? 予診票、クーポン券、本人確認書類(運転免許証・被保険者証など)です。会場での密をさけるため予診票は事前に必要項目に記載のうえ、お持ちください。
2 当日マイナンバーを証明する書類が必要か? マイナンバーを証明する書類は必要ありません。ワクチン接種のためにマイナンバーカードを新たに取得する必要もありません。
3 生活保護を受けているが、受給証明書は必要か? 受給証明書は必要ありませんが、接種当日に本人確認ができる書類をお持ちください。
4 接種当日の服装は? ワクチンは肩付近に注射しますので、肩を出しやすい服装でお越しください。
5 接種当日、クーポン券を忘れた場合は接種が受けられないのか? 接種できません。忘れずにお持ちください。
6 自身の健康状態について、予診票に何をどのように記載すればいいか。 記載すべき内容については、かかりつけ医にご相談ください。
7 接種会場へのアクセスについて知りたい 予約サイト上に会場の地図情報を掲載しますので、そちらをご確認ください。
8 接種会場で子どもを預けることができるか 託児所は設けておりませんが、お子さんを同伴して接種を受けることは可能です。
9 接種会場で車いすを貸してもらえるか 接種会場に車いすの用意はありません。
10 接種当日に注意することは? 当日はマスクを着用し、肩を出しやすい服装でお越しください。接種前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合(目安は37.5度以上)や体調が悪い場合などは、接種をお控えください。※接種を控える場合は、コールセンターで予約のキャンセルをお願いします。
11 体調不良等の理由で、当日接種を受けられないことがあるか? 以下の方は、ワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、接種を受けていいか、事前にかかりつけ医にご相談ください。
・明らかに発熱している方(※1)
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※2)の既往歴のある方
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方
(※1)明らかな発熱とは通常37.5度以上を指します。ただし、37.5度を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。
12 集団接種会場で、接種を施すのはだれか? 医師、もしくは医師の指示のもと看護師が接種します。
13 接種後に気を付けることは? ファイザー社製ワクチンの場合は、以下のことに気を付けてください。
(1)接種後15分以上、接種を受けた施設で待機してください。
(2)注射した部分は清潔に保つようにしてください。接種当日の入浴は問題ないが、注射した部分はこすらないようにしてください。
(3)当日の激しい運動は控えてください。
14 接種後にお風呂やシャワーを浴びてもいいか? ファイザー社製ワクチンを接種した場合は、当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。
15

当日に体調が悪くなった。どうしたらいいか?

接種を受けた医療機関、かかりつけ医、または「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」(03-6258-5802)(24時間・年中無休)に相談してください。都コールセンターでは、接種後の副反応(痛み、倦怠感、頭痛、筋肉痛、寒気、発熱等)のご相談について、看護師・保健師等の専門職員が対応します。
16 接種後に発熱した。どうすればいいか? ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみていただくことになります。このほか、ワクチン接種後に比較的起きやすい症状としては、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒(さむけ)、関節痛などがあります。
ワクチンによる発熱か、新型コロナウイルス感染症かを見分けるには、発熱以外に、咳や咽頭痛、味覚・嗅覚の消失、息切れ等の症状がないかどうかが、手がかりとなります。(ワクチンによる発熱では、通常、これらの症状はみられません。)
ワクチンを受けた後、2日以上熱が続く場合や、症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい上記の症状がみられる場合には、医療機関等に受診、または「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」(03-6258-5802)(24時間年中無休)にご相談ください。
17 接種後は、感染対策を行わなくていいか? 予防接種によって、感染を100パーセント予防できるものではありません。引き続き、感染予防対策(こまめな手洗い、マスクの着用、健康的な食事、十分な休養、3密の回避など)を行っていただくことが大切です。
18 キャンセル待ちはできるのか? 会場での密を避けるため、当日会場でのキャンセル待ちは行いません。

9.ワクチンについて

1 現在認められているワクチンは? ファイザー社製のワクチン(製品名 コミナティ筋注)のみです。
2 ワクチンの種類は選べるのか? 現在日本で承認されたワクチンは、ファイザー社製のみです。
接種に際し、現時点ではワクチンの種類を選択することはできません。
3 1回目と2回目で別のワクチンを接種していいか? 必ず同じワクチンで接種してください
4 ワクチンにはどのような効果があるのか? ファイザー社製のワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果があります。(発症予防効果は約95%と報告されています。)
5 ワクチンは安全なのか? 有効性や安全性を審査して厚生労働省が薬事承認をしたワクチンです。
6 ワクチンで十分な免疫ができるには、どれくらいかかるのか? ファイザー社製ワクチンは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。
7 効果はどの程度続くのか? 厚生労働省によれば、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社は、開発中のワクチンを投与した人の方が、投与していない人よりも、新型コロナウイルス感染症に発症した人が少ないとの結果又は中間結果が得られたと発表しています。臨床試験や接種が始まってから時間があまり経過していないことから、効果の持続期間については明らかになっていません。今後の情報が明らかになるのを待つ必要があります。
8 アレルギー物質は入っているのか? ファイザー社製ワクチンには、これまでのワクチンでは使用されたことのない添加剤が含まれています。過去に薬剤で過敏症やアレルギーを起こしたことのある方は、接種前にかかりつけ医にご相談ください。
9 変異種にも対応しているのか? 厚生労働省によれば、一般論として、ウイルスは絶えず変異をおこしていくもので、小さな変異でワクチンの効果がなくなるというわけではありません。ファイザー社のワクチンでは、変異株の新型コロナウイルスにも作用する抗体がつくられた、といった実験結果も発表されていますが、引き続き、変異株に関する情報も含め、様々な情報を収集し、お伝えします。
10 ワクチンのことについて詳しく聞きたい。

厚労省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/
bunya/vaccine_00184.html)をご覧いただくか、厚労省のコールセンター(0120-761-770)にお問い合わせください。

10.接種間隔について

1 どのくらいの間隔をあけて2回目を接種するのか? ファイザー社製ワクチンの接種間隔は、20日(3週間後の同じ曜日から接種できます)です。18日より前に受けることはできませんが、20日以上あけていれば問題ありません。
2 なぜ間隔をあけて受けなければならないのか? 間隔をあけて2回目を接種することで、ワクチンの効果が高まります。
3 予定があって、2回目の接種が20日の接種間隔で受けられない場合、どうすればいいか? ファイザー社製ワクチンは、標準として、1回目から20日(3週間後の同じ曜日)の間隔をあけて2回目を受けていただくことになっています。最短でも19日後に接種を受けられますが、それより前に受けることはできません。20日以上あけていれば問題ありません ので、ご都合の良い時期に接種してください。
4 他の予防接種(肺炎球菌感染症など)を受けてから、何日後から新型コロナワクチンの接種が受けられるか? 他の予防接種を受けてから13日以上の間隔(2週間後の同じ曜日以降)をあけて、新型コロナワクチンの接種を受けてください。
5 新型コロナワクチンの接種を受けた後、何日後から他の予防接種(肺炎球菌感染症など)を受けられるか? 新型コロナワクチンの接種を受けてから、13日以上の間隔(2週間後の同じ曜日以降)をあけてから他の予防接種を受けてください。
6 新型コロナワクチンと他の予防接種を同じ日に打つことはできるか? 同時接種はできません。新型コロナワクチン接種と他の予防接種は13日以上の間隔(2週間後の同じ曜日以降)をあけて接種してください

11.副反応・健康被害について

1 副反応とは? 予防接種の後に、熱が出たり、気分が悪くなったり、はれたり、しこりがでたりすることがありますが、そのほとんどが2~3日で自然に消えてしまいます。このような好ましくない変化を副反応と言います。
2 どんな副反応があるか? 新型コロナウイルスワクチン予防接種に限らず、全ての予防接種で副反応はありますが、通常は2~3日で治まります。
ファイザー社製ワクチンの主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、かかりつけ医にご相談ください。
3 副反応が起こったら、どこに問い合わせたらいいか? 接種を受けた医療機関、かかりつけ医、または「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」(03-6258-5802)(24時間・年中無休)に相談してください。都コールセンターでは、接種後の副反応(痛み、倦怠感、頭痛、筋肉痛、寒気、発熱等)のご相談について、看護師・保健師等の専門職員が対応します。
4 副作用が出て医療機関にかかった場合、金銭的な補償はあるのか。 重篤な副反応が出た場合に、予防接種による健康被害と国から認定された方は予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けられます。詳しくは、国のホームページをご参照ください。(URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/)

12.コールセンターについて

1 八王子市新型コロナワクチン接種コールセンターの電話番号は? 0120-383-183です
2 外国語で説明してほしい コールセンターでは、英語・中国語・韓国語に対応しています。
3 市のコールセンターにつながらない 必要に応じて回線を増やし対応していますが、込み合っているとおつなぎできないことがあります。お時間のある時におかけ直しください。
4 ワクチンについてはどこに問い合わせればいいか? 厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター(電話0120-761-770)です

13.その他

1 集団免疫とは何か? 感染症は、病原体(ウイルスや細菌など)が、その病原体に対する免疫を持たない人に感染することで、流行します。ある病原体に対して、人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなり、間接的に免疫を持たない人も感染から守られます。この状態を集団免疫と言い、社会全体が感染症から守られることになります。
なお、感染症の種類によって、集団免疫を得るために必要な免疫を持つ人の割合は異なります。また、ワクチンによっては、接種で重症化を防ぐ効果があっても感染を防ぐ効果が乏しく、どれだけ多くの人に接種しても集団免疫の効果が得られないこともあります。新型コロナワクチンによって、集団免疫の効果があるかどうかは分かっておらず、分かるまでには、時間を要すると考えられています。
2 接種についてどのように周知するのか? 市ホームページ、広報はちおうじ(3月1日号~)で周知するほか、個人に送付するクーポン券等と一緒に、Q&Aを同封します。また、コールセンターも設置しています。
3 看護師の資格を持っており、集団接種会場でワクチン接種の仕事に従事できるので、雇ってほしい。 市では、個別での看護師の雇用はしておりません。
4 都や市の職員を名乗り、「新型コロナウイルスのワクチン接種ができる」とうそを言い、現金を要求する不審な電話があった。詐欺か? 都や市の職員が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありません。市が行う新型コロナウイルスワクチン接種は無料です。不審な電話を受けたら、市や警察にご相談ください。
5 コロナワクチンナビでは何ができるのか? 最寄りの医療機関、接種会場の検索や病院ごとの予約受け付け状況を見ることができます。
6 自分が接種したことを証明するものはあるか 接種後、会場でクーポン券の右側に接種済証を貼付けますので、そちらが証明になります。
7 コロナワクチン接種後、献血ができるか? 日本赤十字社によると2月22日現在、新型コロナウイルスのワクチンを接種された⽅の献⾎の受⼊基準について、国において検討中の段階であることから、基準が⽰されるまでの間、献⾎はご遠慮いただいているとのことです。
日本赤十字のホームページ http://www.jrc.or.jp/activity/blood/

参考:一定期間内に予防接種を受けた方の受入基準(日本赤十字社)
・インフルエンザ、日本脳炎、コレラ、A型肝炎、肺炎球菌、百日ぜき、破傷風等の不活化ワクチンおよびトキソイドの接種を受けた方は、接種後24時間の献血をご遠慮いただいています。
・B型肝炎ワクチンの接種を受けた方は接種後2週間、抗HBs人免疫グロブリンを単独または併用した方については投与後6カ月間、狂犬病ワクチン(動物にかまれた後)を接種された方は接種後1年間の献血をご遠慮いただいています。
・おたふくかぜ、風疹、BCG等の弱毒生ワクチンの接種を受けた方は、接種後4週間、天然痘ワクチンの接種後は2カ月間、破傷風、蛇毒、ガスえそ、ボツリヌスの抗血清の投与を受けた方は投与後3カ月の献血をご遠慮いただいています。
・新型コロナウイルスのワクチンを接種された方は、当面の間、献血をご遠慮いただいています。
8 厚労省が設置する「コロナワクチンナビ」に市内の医療機関が掲載されているが、接種が受けられるのか? 本市では、円滑かつ効率的に接種を実施するために、集団接種を先行して実施しますので、現在は市内の医療機関で個別接種することはできません。
また、現在掲載されている医療機関は、主に医療従事者の接種を目的として掲載されております。今後複数のワクチンが承認された場合は、医療機関での個別接種も開始する予定ですが、具体的にどの医療機関で接種が受けられるのかは、今後決まり次第、広報やホームページでお知らせしますので、しばらくお待ちください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部健康政策課
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5111 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム