現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健衛生・医療に関するお知らせ > 子宮頸がん予防ワクチンの予防接種後の症状に関する総合相談窓口について

子宮頸がん予防ワクチンの予防接種後の症状に関する総合相談窓口について

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0002671

印刷する

総合相談窓口

八王子市保健所 健康部健康政策課 電話番号 042-645-5102
平日 午前8時30分から午後5時

市では、平成23年2月から平成25年3月まで、中学生・高校生の女子を対象に、子宮頸がん予防ワクチンの接種費用助成を行ってきました。その後、平成25年4月からは予防接種法に基づく定期予防接種となりましたが、因果関係は不明ながら、接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告され、平成25年6月14日に厚生労働省が接種の積極的勧奨を差し控えて以降、本市でも接種をお勧めしていません。

市が実施した子宮頸がんワクチンの接種後に、原因が明らかとならない症状を有し、現在も持続的な痛み(筋肉痛、関節痛、皮膚の痛み、頭痛など)やしびれ、脱力、手足の不随意運動など、何らかの症状がある場合は、相談窓口を設置いたしましたので、ご相談ください。
なお、学習支援や教育現場との連携等につきましても、ご相談をお受けします。

医療支援の概要はこちら(PDF形式 170キロバイト)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部(保健所)健康政策課 予防接種担当
〒192-0083 八王子市旭町13-18 八王子市保健所 
電話:042-645-5102 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム