現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > 指定収集袋について > おむつ専用袋とボランティア袋

おむつ専用袋とボランティア袋

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0002545

印刷する

おむつ専用袋とボランティア袋を交付

おむつ・ボラ

紙おむつを使用している乳幼児、高齢者、障害者におむつ専用袋を道路や公園などをボランティア活動で清掃する場合にボランティア袋を市役所、市民部各事務所、市民センター等で交付しています。
おむつ専用袋は、お近くの保育園でもお申し込みできます。容器包装プラスチック回収の職員にもご相談ください。

おむつ専用袋(緑色の袋)

紙おむつ(尿とりパッドを含む)を使用している方がいる世帯を対象として、使用済紙おむつを入れて出していただくための袋で、10リットル袋と20リットル袋の2種類があります。
1回に交付できる枚数は、おむつ使用者1人につき30枚までです。
紙おむつは汚物を取り除いてから、可燃ごみの収集日に出してください。

交付対象者(里帰り出産などで一時滞在する方も対象です。)

  1. 乳幼児
  2. 65歳以上の方
  3. 障害者手帳をお持ちの方
  4. 40歳以上65歳未満で介護保険制度上、アルツハイマーや脳血管疾病など16種類の特定疾病に該当し、要介護1以上の認定を受けている方

ボランティア袋(オレンジ色の袋)

ごみ有料化に伴い、個人や町会・自治会等の団体が道路や公園など公共空間の清掃をボランティアで行った際に出たごみ(樹木の葉・雑草などを含む)を入れていただくための袋で、20リットル袋と45リットル袋の2種類があります。
1回に交付できる枚数は、個人の方は20枚まで、団体は500枚までです。
町会・自治会の場合は、1箱500枚の配送もします。ごみ減量対策課にご連絡ください。

お願い

  1. 家庭、集合住宅、事業所、公の施設(学校・市民センターなど)から出たごみ(樹木の葉・雑草などを含む)は対象ではありません。
  2. 場所・団体に関わらず、イベントやお祭りなどで出たごみには使用できません。
  3. 可燃ごみ、不燃ごみ及び資源物に分けて、可燃・不燃・資源物のいずれかに丸印をつけて出してください。汚れている資源物は、可燃ごみ又は不燃ごみとして出してください。
  4. 可燃ごみ、不燃ごみ又は資源物の収集日に同じ場所に出してください。
  5. 環境美化活動で、ごみが大量の場合は、事前に担当清掃事業所にご相談ください。

担当清掃事業所

  • 戸吹清掃事業所(浅川(南浅川)の北側地域)電話番号042-691-2891
  • 館清掃事業所(浅川(南浅川)の南側地域)電話番号042-665-2531
  • 南大沢清掃事業所(多摩ニュータウン地域) 電話番号042-674-0551

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

資源循環部ごみ減量対策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7256 
ファックス:042-626-4506

お問い合わせメールフォーム