現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > 補助金(生ごみ処理機器・資源集団回収) > 生ごみ処理機器等の購入費補助について

生ごみ処理機器等の購入費補助について

更新日:

ページID:P0002559

印刷する

※予算の範囲内での交付になります。各種、予算の上限に達し次第受付を終了いたしますので、お早めにお申し込みください。

※令和4年度分の生ごみ処理機補助金の申請の受付は、令和4年4月1日からです。それ以前に申請いただいても受理できませんので、ご注意ください。

【重要】令和4年度"電気式"生ごみ処理機の補助金の受付は終了しました

”電気式”生ごみ処理機は、令和4年4月8日をもって補助金上限に達したため受付を終了しました。また下記にありますよう次年度以降、補助金の対象外となります。

電気式生ごみ処理機は、令和5年度以降補助対象外となります

令和4年2月に市は「ゼロカーボンシティ宣言」を表明し、さらなる環境への負荷の低減が求められていることを踏まえ、"電気式"生ごみ処理機器を補助対象から除外します。引き続き生ごみの資源化へのご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

生ごみを堆肥に

家庭から出る可燃ごみの内、約半分を生ごみが占めています。市では、生ごみ減量・資源化促進運動の一環として、生ごみ処理機器等を購入された方に対し、予算の範囲内で補助金を交付しています。

※ 生ごみたい肥化容器(ダンボールコンポストを除く非電気式処理機器)、発酵促進剤を合わせた予算は400,000円を上限とする。

補助金の交付条件・申請方法

補助対象者

八王子市に住民登録をされている方で、継続的に使用できる方。なお、申請は生ごみ処理機器購入後1年以内が有効となります。(領収書の発行日から1年間申請可能です)

補助対象機器

  1. 生ごみたい肥化容器(コンポスター、密閉式たい肥化容器)
  2. ダンボールコンポストセット 
  3. 基材(ダンボールコンポスト専用のもの)

  ※発酵促進剤は1の生ごみたい肥化容器と同時に申請したものに限り補助対象です。

(補足)電気式処理機、ディスポーザー、中古品は対象外です。
  
 ※未使用品であっても、一度でも小売りされた品物は中古品扱いとなります。

補助金額

1. 生ごみたい肥化容器(コンポスター、密閉式たい肥化容器)

 補助の対象となるのは、同一生計世帯において年度毎に2基を限度とします。補助金の額は、購入金額の2分の1に相当する額とし、限度額は20,000円です。

2. ダンボールコンポストセット

 補助の対象となるのは、同一生計世帯において年度毎に4基を限度とします。補助金の額は、その購入金額の4分の3に相当する額とし、限度額は10,200円です。

3. 基材(ダンボールコンポスト専用のもの)

  補助の対象となるのは、ダンボールコンポスト専用のもので、同一生計世帯において年度毎に4個を限度とします。補助金の額は、その購入金額の4分の3に相当する額とし、限度額は4,700円です。

※発酵促進剤については、処理機本体と同時に申請したものに限り補助します。購入額の2分の1で限度額は年度ごとに2,000円です。

申請方法

生ごみ処理機等の購入

機器を購入したことを証明する領収書(購入者名・購入店・購入日・購入品名・購入金額が記載されたもの)を受け取ってください。

必要書類の提出

  1. 申請書(市指定様式)
  2. 請求書(市指定様式)
  3. 領収書の原本
  4. 取扱説明書表紙もしくは保証書の写し

※押印省略の場合は、本人確認書類(領収書のあて名の方)のご提示をお願いします。郵送で押印省略した場合は、本人確認書類の写しを忘れずに添付してください

以上の書類を揃えた状態で、市役所本庁舎2階ごみ減量対策課へご提出ください。

郵送で提出することもできます。→【送付先】〒192-8501 八王子市元本郷町3-24-1 ごみ減量対策課

なお、申請書類等に不備がある場合、書類を再度提出していただく場合がありますので、ご不明な点等ありましたら、事前にごみ減量対策課までご相談ください。

(補足)1・2については、市役所本庁舎2階ごみ減量対策課及び南口総合事務所に置いてあります。また、以下よりダウンロード可能です。

(補足)この補助制度は予算の範囲内(先着順)で行いますので、補助金交付ができなくなる場合もあります

本補助金は「補助金制度見直し方針」に基づき見直しを行います。

よくある質問

Q. 「納品書」、「購入証明書」等の原本は、「領収書」原本の代わりになりますか。

A. 「納品書」や「購入証明書」等、物を渡した証明にしかならないものは、「領収書」の代わりにはなりません。お金を支払った証明として必ず「領収書」の提出をお願いします。(※領収書には、購入者名・購入店・購入日・購入品名・購入金額の記載が必要です
なお、電子領収書の場合、印刷した上で申請書類に添付していただければ、問題ありません。

Q. 「申請書」の申請者は誰の名前を書けばいいのでしょうか。

A. 「領収書」の宛名になっている方の名前を書いてください。また、申請者と振込口座名義人が異なる場合は、「申請書」の委任状部分に住所・氏名を記入の上、押印が必要になります。

Q. 「請求書」は、すべて記入すれば大丈夫ですか。

A. 金額と日付は空欄のままにしてください。住所・氏名のご記入と押印は忘れずにお願いいたします。

上記3点の記入ミスが増えております。提出前にもう一度申請書類を確認していただいた上で、申請をお願いいたします。ご協力ありがとうございます。

※記入方法・提出書類の詳細について、下記の「(記入例)家庭用生ごみ処理機器等補助金交付申請書類」及び「補助内容・申請方法のお知らせチラシ」に載せております。必ずご確認ください。この他、ご不明な点がありましたら、ごみ減量対策課までお問い合わせください。

補助金交付申請書類 

(補足)令和3年度の様式から本人確認書類(免許証等)をご提出いただいた場合、押印が省略可になりました。また、2ページ目の「暴力団でないことの宣誓」へのチェックも忘れずにお願いいたします。

(補足)令和3年度の様式から本人確認書類(免許証等)をご提出いただいた場合、押印が省略可になりました。また、日付・金額は空欄のまま提出してください

要綱

その他

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

資源循環部ごみ減量対策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7256 
ファックス:042-626-4506

お問い合わせメールフォーム