産業廃棄物の減量及び適正処理に係る報告・公表制度(処理状況報告書)

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0002509

印刷する

報告・公表制度の概要

報告・公表制度とは

八王子市は平成27年4月より、中核市となりました。東京都で実施している産業廃棄物の適正処理に向けた「報告・公表制度」については、本市でも引き続き行ないます。これは産業廃棄物を排出し、または処理する事業者に対し、適正処理の取組や処理の状況等に係る報告を義務づけ、それを本市のホームページで公表するものです。この制度によって、建設廃棄物や医療廃棄物を含む、産業廃棄物の適正処理の確保に向けた取組や処理状況などを明らかにすることを目的としています。


制度の概要

排出事業者の方に適正処理への取組を促すとともに、処理業者の処理状況を透明化するため、排出事業者及び処理業者に対して、適正処理の取り組み状況や処理状況などについて、それぞれ報告を求め、その内容を市が公表する制度です。

産業廃棄物の減量及び適正処理に係る報告・公表制度要綱は廃棄物対策課の要綱です。


制度対象者

(1)処理業者

  • 産業廃棄物収集運搬業者(積替・保管施設を有する者)
  • 産業廃棄物処分業者

(2)排出事業者

1)産業廃棄物の減量及び適正処理に係る報告・公表制度要綱に、本報告・公表制度の対象として規定されている事業者
  • 建設業(資本金3億円超)
  • 製造業(従業員数300人以上の工場)
  • 病院
2)不適正な処理が行われた場合、人体や環境への影響力が特に大きい感染性産業廃棄物や特定有害産業廃棄物を排出する事業者として、市長が必要と認める事業者(告示により、新たに対象者として指定)
  • 感染性産業廃棄物または特定有害産業廃棄物を排出する学部または大学院の研究科を有する大学
  • 感染性産業廃棄物または特定有害産業廃棄物を排出する自然科学研究所
    (従業員数が100人超の場合に限定)
  • 採血事業者が設置する血液センター
  • 衛生検査所(従業員数が100人超の場合に限定)


報告の方法

(1)事業者からの報告

事業者は、処理実績や適正な処理の実現に向けた取組内容などをインターネット等で八王子市に報告します。

報告回数は、特定排出事業者が年1回、収集運搬業・処分業許可業者が年2回になります。

(2)報告項目

特定排出事業者

産業廃棄物の減量及び適正な処理に係る基本方針と組織体制、適正な委託処理の確保に向けた取組状況、産業廃棄物の資源化率と資源化の状況、事業所での再生資源・再生品の利用状況、ホームページや環境報告書などによる情報の公開状況など

収集運搬業・処分業

搬入・搬出実績や廃棄物の保管状況、施設の稼動状況など

報告・公表制度ログイン画面(外部リンク)

報告・公表制度の様式等

(3)報告内容の公表

報告された項目は担当者名と連絡先電話番号を除き、全ての内容を市のホームページで公表します。

報告内容
  • 産業廃棄物の減量及び適正な処理に係る基本方針と組織体制
  • 適正な委託処理の確保に向けた取組状況
  • 処理事業者の選定方法、処理の履行状況の確認方法など
  • 産業廃棄物の資源化率と資源化の具体的な内容
  • 事業所での再生資源・再生品の利用状況
  • ホームページや環境報告書などによる情報の公開状況

過去の報告等は下記のリンクから、報告書を閲覧したい事業者を検索してください。

処理状況報告書の公表ページ(外部リンク)

特定排出事業者の産業廃棄物適正処理報告書の公表ページ(外部リンク)

ご注意

  • 八王子市に提出された報告書のうち、市において公表手続きが完了したもののみが閲覧できます。従って、表示されない事業者であっても、報告書が未提出であるとは限りません。
  • 公表内容は、すべて事業者からのご報告に基づくものです。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

資源循環部廃棄物対策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7458 
ファックス:042-622-7262

お問い合わせメールフォーム