可燃ごみの出し方

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0002476

印刷する

出せるもの

主なもの

可燃ごみとして出せるもの

その他
花火・マッチ(水で湿らせてから)、座布団、雑巾、銀紙、歯ブラシ、バケツ、輪ゴム、長ぐつ など

プラスチック製品、革製品、ゴム製品は、可燃ごみです。
プラスチック製の文房具・おもちゃなどは、プラマークがついていませんので、可燃ごみです。 
プラマークがついていても、汚れの落とせないものは、可燃ごみです。
汚れやにおいの取れない紙やマルチパック(飲料用)など防水加工している紙は、可燃ごみでお出しください。


間違えやすいもの

可燃ごみの中には、資源化可能な紙類がまだ多く含まれています。資源化にご協力を!

間違えやすいもの

封筒、トイレットペーパーの芯は、雑紙として出してください。


出し方

可燃ごみ専用袋(青色)に入れてお出しください。

可燃ごみ専用袋

  1. 生ごみを出すときは、よく水を切ってから出してください。
  2. 指定収集袋の口をきちんとしばってください。
  3. 竹串などは袋を突き破らないようにしてください。
  4. 袋からはみ出してしまうもの、5キログラム以上のものは指定収集袋ではなく、粗大ごみで出してください。
  5. 収集日当日の朝8時30分までに出してください。


紙おむつの出し方

おむつ専用袋(緑色の袋)に入れてお出しください。

おむつ専用袋

紙おむつ(尿とりパッドを含む)を使用している方がいる世帯を対象として、使用済紙おむつを入れて出していただくための袋で、10リットル袋と20リットル袋の2種類があります。
1回に交付できる枚数は、おむつ使用者1人につき30枚までです。
紙おむつは汚物を取り除いてから、可燃ごみの収集日に出してください。

交付対象者<里帰り出産などで一時滞在する方も対象です。>
1. 乳幼児
2. 65歳以上の方
3. 障害者手帳をお持ちの方
4. 40歳以上65歳未満で介護保険制度上、アルツハイマーや脳血管疾病など
16種類の特定疾病に該当し、要介護1以上の認定を受けている方

おむつ専用袋の配布要件を満たしていない方は、可燃ごみでお出しください。

おむつ袋の配付要件や配付場所はこちらから


樹木の枝や葉、草

枝・葉

週の前半はごみ量が多くなりますので、なるべく週の後半の可燃ごみ収集日に出してください。
2束・2袋は同時に出せます。
木片などは可燃ごみ専用袋(青色)に入れて出してください。

環境美化活動などで大量に出る場合は、事前に下記の清掃事業所にご相談ください。
・戸吹清掃事業所 <浅川(南浅川)の北側地域> TEL 691-2891
・館清掃事業所 <浅川(南浅川)の南側地域> TEL 665-2531
・南大沢清掃事業所 <多摩ニュータウン地域> TEL 674-0551


出す場所

戸建住宅にお住まいの方

道路に面した自宅敷地内

戸建住宅にお住まいの方は、道路に面した自宅敷地内に出してください。


集合住宅にお住まいの方

可燃ごみ集積所

集合住宅にお住まいの方は、可燃ごみ集積所に出してください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

資源循環部ごみ減量対策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7256 
ファックス:042-626-4506

お問い合わせメールフォーム