現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > お知らせ > ごみ・リサイクルに関するお知らせ > 「バイオマス資源の液化と有効利用」の共同研究の結果を掲載しました。

「バイオマス資源の液化と有効利用」の共同研究の結果を掲載しました。

更新日:

ページID:P0002574

印刷する

「バイオマス資源の液化と有効利用」の共同研究の結果を掲載しました。

市と東京工科大学は、平成19年から平成23年度の5か年により「バイオマス資源の液化と有効利用」について、共同研究を実施しました。

これは、バイオマス資源をガス化、液体燃料化して自動車の燃料などに有効活用するための基礎研究を行うものでした。木質バイオマスをガス化したときに発生することが想定されている一酸化炭素と、水素を主成分とする合成ガスから、触媒を用いて液体燃料に変換することに成功し、一定量の液体燃料を合成することができました。平成23年5月24日に、合成した液体燃料を、市が大学に貸与したごみ収集車に投入して行った走行実験が成功しています。

「バイオマスの液化と有効利用」共同研究の結果

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

資源循環部ごみ減量対策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7256 
ファックス:042-626-4506

お問い合わせメールフォーム