現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 日本遺産「霊気満山 高尾山」 > 日本遺産認定記念パネル展開催中!

日本遺産認定記念パネル展開催中!

更新日:令和2年7月15日

ページID:P0027040

印刷する


日本遺産認定記念パネル展
八王子駅南口総合事務所にて日本遺産認定記念パネル展を開催しています。

日本遺産の概要や本市の日本遺産認定ストーリー「霊気満山 高尾山 ~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~」と29件の構成文化財をパネルで紹介しています。
北条氏照が居城を築いたことから始まり、絹産業を基盤に発展し、“桑都”と称された八王子。霊山・高尾山への人々の祈りに育まれた豊かな文化を未来に紡ぐ物語をそれを構成する文化財群の写真とあわせて展示しています。
また、構成文化財となっている国史跡の「八王子城跡」と「滝山城跡」のジオラマを展示しています。北条氏照の二つの居城を立体的に見比べることかできます。


城跡ジオラマ

<開催情報>

■ 期間
令和2年8月31日(月)まで(予定)


■ 時間
午前8時30分から午後5時

※南口総合事務所の開庁時間に準じます。


■ 場所
八王子駅南口総合事務所
八王子市子安町四丁目7番1号 サザンスカイタワー八王子4階(電話042-620-1150)

郷土資料館で関連企画展「高尾山と桑都はちおうじ絵巻」を開催中


郷土資料館展示
  

八王子市郷土資料館では日本遺産認定を記念して関連企画展「高尾山と桑都はちおうじ絵巻」を開催しています。
八王子の人々が紡いできた長い歴史の中から、北条氏照が築いた「八王子城」、甲州道中有数の宿場町「八王子宿」、八王子から横浜へ生糸を運んだ「絹の道」、信仰と観光の山として栄える「高尾山」を取り上げ、郷土資料館に収蔵している歴史資料から日本遺産の構成文化財を中心に展示・紹介しています。

詳しくはこちら
 「高尾山と桑都はちおうじ絵巻」ご紹介(PDF形式 9,761キロバイト)
 学芸員の展示ココミテ(PDF形式 11,239キロバイト)

特別展「織物の八王子」も同時開催中 ≫ 八王子市郷土資料館


高尾山錦絵

<開催情報>

■ 期間
令和2年(2020年)7月4日(土)~10月11日(日)


■ 時間
午前9時から午後5時まで
(休日の翌日の平日は休館 ※詳しくは郷土資料館のホームページでご確認ください)

■ 場所
郷土資料館1階展示室
東京都八王子市上野町33(電話042-622-8939)


このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム