現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 文化財関連施設 > 「おうちミュージアム」オープン!

「おうちミュージアム」オープン!

更新日:令和2年4月9日

ページID:P0026531

印刷する

おうちミュージアム

新型コロナウィルスが広まって、学校や図書館などがお休みになってしまいました。
八王子市郷土資料館もお休みです。
そこで、おうちにいても博物館や美術館を少しでも楽しめるように、全国の博物館が協力して「おうちミュージアム」を開きました。コンテンツをダウンロードして楽しみましょう。

コンテンツ一覧(5月15日現在)
・疫病神の詫び証文 ※読み方を追加しました。
・ちいきぬりえをやってみよう!
・作ってみよう!むかしのどうぐ
・「端午の節供」に鯉のぼりを作ろう!

おうちミュージアムをプレゼントしよう!(5月2日更新)

ずっと会えないおともだちやおじいちゃんおばあちゃん、ずっと一緒にいる家族に、メッセージなどを送ってみませんか?「おうちミュージアム」ではオリジナルメッセージカードを作りました。

プレゼントバナー(外部リンク)

郷土資料館でも、オリジナルぬりえはがきを用意しました!

鶴鹿 八王子城跡御主殿跡(ごしゅでんあと)は戦国時代の山城です。発掘調査(はっくつちょうさ)でたくさんの器やお皿が発見されています。中国から輸入された磁器のお皿は1000個以上。それぞれにいろいろな模様が描かれています。地位が上がったり、お金がたまったり、いろいろな願いをこめた吉祥(きっしょう)図が大部分です(中にはなんだかよくわからないものもあります)。
 それらの模様の中から、新型コロナウィルス感染症にも打ち勝てるように、長生きや健康を願う模様を選んで、はがきをオリジナルはがきを作りました。
 お皿の絵はすべて青色で描かれていますが、みなさんは好きな色を塗って、一言そえて誰かにメッセージを送ってください。八王子城のことを調べて、話題にしてみてもいいかも。※はがき用紙に印刷してご利用ください。

はがき1 はがきs

菊(きく)薔薇(ばら)図
菊薔薇図(PDF形式 728キロバイト)

鶴(つる)鹿(しか)図
鶴鹿図(PDF形式 532キロバイト)
不老長寿を願う文様です。 健康と長寿を願う文様です。

「端午の節供」に鯉のぼりを作ろう!(4月27日更新)

鯉のぼり(展示)

 5月5日は「端午(たんご)の節供(せっく)」です。カレンダーには「こどもの日」と書いてありますね。みなさんのおうちでは武者人形や鯉のぼりを飾りますか?

 端午の節供は、もともとは菖蒲(しょうぶ)などを軒先にさして悪いものを追い払う行事でした。「菖蒲」と同じ読みの「尚武※武術を重んじること」の連想から、武士の間で、よろいかぶとなどを飾って、武術が上達したり、戦に勝てるように願う行事になりました。やがて一般の人々の間に広がって、男の子の成長を祝う行事になったのです。家には兜(かぶと)や人形を飾り、鯉のぼりは成長や出世を願うおめでたいものとして、庭先に立てました。今は布製のものがほとんどですが、昔は紙でできていました。


 郷土資料館には紙製の大きな鯉のぼりが数点あります。みんな市内の旧家からもらったものです。
 写真は昨年(2019年)の端午の節供に合わせて資料館で展示した、今から100年くらい前の鯉のぼりです。昔、軒先につるして飾ったようです。うしろは2階へあがる階段です。大きさを想像してみてください。

今回はこの鯉のぼりをペーパークラフトにしてみました。好きな大きさの紙に印刷して、おうちにかざってくださいね。

こいのぼり鯉のぼりを作ろう(PDF形式 576キロバイト)

作ってみよう!むかしのどうぐ(4月22日更新)

郷土資料館に展示しててある昔の道具を、紙で作ってみよう!※のりとはさみが必要です。

はさみなど刃物を使うときは注意してね!

クラフトサムネイル ペーパークラフト色付

ペーパークラフト(PDF形式 560キロバイト)

自分で好きな色をぬってね!

ペーパークラフト色付(PDF形式 1,215キロバイト)

一枚印刷すると、3つのどうぐが作れます。何につかうのか、どうやってつかうのか、考えてみましょう!

おひつ

おひつ

糸巻

いとぐるま

階段箪笥

階段だんす

八王子のちいきぬりえをやってみよう!

「八王子ちいきぬりえ」は、市内を7地区にわけて、それぞれの地域の名産品や歴史などを紹介したイラストのぬりえです。ダウンロードしてきれいに色をぬりながら、「これはなんだろう?」「これはどこかな?」と考えたり、ネットなどで調べてみましょう。

由木由井

由木・由井地区

川口加住

川口・加住地区

小宮

小宮地区

市街地

市街地

元八

元八王子地区

恩方

恩方地区

浅川高尾

浅川・高尾地区

※各画像をクリックするとPDFファイルが開きます。印刷してご利用ください。

疫病神の詫び証文

詫び証文「疫病(えきびょう、やくびょう)」は集団にいっせいに広がる病気です。新型コロナウィルス感染症も疫病のひとつです。むかしの人は神様(疫神、疫病神)が病気をはやらせると考えていました。そこで、疫病の流行をおさめるために神様をお祭りしたり、お札を貼って病気の神様が入ってこないようにしました。
この写真は、八王子の旧い家に残っていた、疫病除けのお札です。印刷して玄関に貼ったら、新型コロナウィルス除けのご利益(りやく)があるかも?

詳しく知りたい人はこちら疫病神の詫び証文(PDF形式 145キロバイト)

もっと詳しく知りたい人はこちら詫び証文読み下し(PDF形式 115キロバイト)

「おうちミュージアム」とは

北海道博物館が「学校がはじまるまでのあいだ、おうちでミュージアムをたのしもう」という趣旨で発案した企画です。北海道博物館「おうちミュージアム」サイトはこちら→(外部リンク)

ほかのはくぶつかん

郷土資料館のページに戻る

関連ファイル

由木(PDF形式 626キロバイト)

浅川高尾(PDF形式 498キロバイト)

川口加住(PDF形式 645キロバイト)

小宮(PDF形式 626キロバイト)

市街地(PDF形式 888キロバイト)

元八王子(PDF形式 828キロバイト)

恩方(PDF形式 656キロバイト)

鯉のぼりを作ろう(PDF形式 576キロバイト)

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き八王子市のサイトを離れます)が必要です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課郷土資料館
〒192-0902 八王子市上野町33 
電話:042-622-8939 
ファックス:042-627-5919

お問い合わせメールフォーム