現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 八王子の文化財 > 天然記念物 > 市指定 > 甲州街道イチョウ並木(天然記念物)

甲州街道イチョウ並木(天然記念物)

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005243

印刷する

甲州街道イチョウ並木

甲州街道のイチョウ並木

昭和2年(1927年)の大正天皇の多摩御陵完成に伴い、昭和4年(1929年)に道路改修された際に、宮内庁によって植えられました。当時は2メートルほどだった苗が、今では15メートル以上に達しているものもあります。
昭和39年(1964年)に甲州街道が、東京オリンピックの自転車競技のロードレースコースとされたのを機に市の天然記念物に指定しました。その後、市政60周年を記念して昭和51年(1976年)に「市の木」に制定しました。

(補足)写真は千人町の中央図書館前歩道橋より高尾方面を望む。

指定年月日

昭和39年7月23日

所在地

東京都八王子市追分町から高尾町にかけての約4キロメートル

寸法等

高さ

平均15メートル

目通り

平均1.4メートル

本数

763本

(注意)平成20年現在

交通アクセス

JR中央線「高尾駅」北口すぐ。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム