現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 八王子の文化財 > 旧跡・史跡 > 八王子市指定史跡・旧跡 > 口留番所跡(くちどめばんしょあと)

口留番所跡(くちどめばんしょあと)

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005280

印刷する

口留番所跡(くちどめばんしょあと)

口留番所跡の写真

甲州街道の裏街道にあたる佐野川往還(現在の陣馬街道)の分岐点である高留にあった番所跡で、明治2年(1869年)に廃止されるまで村持ちで管理していました。現在でも付近を「関場」と称しています。
口留番所は江戸時代に物資の移出監視と、警備のために交通の要所に設置されていたものといわれています。

指定年月日

昭和31年7月28日

所在地

東京都八王子市上恩方町2174

交通アクセス

JR中央線「高尾駅」北口から西東京バス「陣馬高原下」行きで、バス停「関場」下車すぐ。

地図

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム