石平道人(せきへいどうじん)

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005277

印刷する

石平道人(せきへいどうじん)

石平道人墓の写真

石平道人(鈴木正三(しょうさん))は三河国足助の武家出身で、元和6年(1620年)に42歳で江戸で出家した、江戸時代初期の禅僧です。下長房村に堅叔庵を建てたが、多摩御陵造営に伴い長泉寺に合併され、本人の墓と弟子恵中の墓、碑文とともに現在地に移されました。

指定年月日

昭和31年7月28日

所在地

東京都八王子市長房町1258 長泉寺内

交通アクセス

JR中央線「西八王子駅」北口から京王バス「長房団地」行きで、バス停「長房団地」下車徒歩5分。または、京王バス「城山手」行き、「高尾駅北口」行きで、バス停「長房団地ふれあい館」下車徒歩約5分。

地図

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム