現在の場所 :
トップ > 事業者の方へ > ごみ・環境・下水道 > 環境 > 石綿が使用されている建築物等の解体工事等を行う皆様へ

石綿が使用されている建築物等の解体工事等を行う皆様へ

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0003076

印刷する

石綿含有仕上塗材について

石綿含有仕上塗材について、平成29年5月30日付けで環境省から通知が発出されました。
内容は以下のファイルをご覧ください。

平成29年5月30日環境省通知「石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について」

石綿含有仕上塗材を除去、補修する際の飛散防止対策については、東京都アスベスト情報サイトから「建築物の解体等に係る石綿(アスベスト)飛散防止対策マニュアル(平成29年12月版)」「成形板対策マニュアル(平成29年12月版)」をご覧ください。

東京都アスベスト情報サイト(外部リンク)

届出の要否や、必要な対策などの詳細については、環境保全課までお問い合わせください。

石綿関係法令

労働安全衛生法に基づく石綿障害予防規則

建築物等の解体等の作業を行うときは、「石綿障害予防規則」に従い、石綿の使用の有無を調査し、使用している場合は労働基準監督署長に届け出するとともに、石綿作業主任者の選任、特別教育の実施、ばく露防止対策、飛散防止対策等を行わなければなりません。
また、解体工事等の現場には、ばく露防止対策等の実施内容を掲示してください。なお、施行に当たっては、「建築物の解体等工事における石綿粉じんへのばく露防止マニュアル」等を参考として適正に行ってください。

大気汚染防止法及び環境確保条例

大気汚染防止法又は「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(通称:環境確保条例)」に基づき、石綿を15平方メートル以上(大防法は50平方メートル以上)使用している建築物又は延べ面積が500平方メートル以上の建築物で吹付け石綿又は保温材を使用している場合(大防法は50平方メートル以上)、当該建築物を解体等する際には、工事開始の14日前までに作業施工計画届出書(大防法は作業実施届出書)を都知事又は区・市長に届け出なければなりません。
また、遵守事項に従った施工、飛散状況の監視等を行わなければなりません。その実施に当っては「建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュアル」(平成26年東京都)に従い、適正に行ってください。

廃棄物処理法

建築物等の解体工事等から発生する石綿を含有する廃棄物処理については、廃棄物処理法に基づき、適正に処理しなければなりません。
また、処理に当たっては「建築物の解体又は改修工事において発生する石綿を含有する廃棄物の適正処理に関する指導指針」(平成26年東京都)等に従い、適正に行ってください。

有害物質等の処理方法等の例

有害物質等の処理方法等については、「建築物の解体等に伴う有害物質等の適切な取扱い」(建築副産物リサイクル広報推進会議)に記載されています。この資料については、国土交通省のホームページからダウンロードが可能です。

石綿関係法令に関するお問い合わせ先

石綿関係法令に関するお問い合わせ先一覧

法令名等 お問い合わせ先
労働安全衛生法について
  • 厚生労働省労働基準局衛生部化学物質対策課
    電話番号 03-3502-6756
石綿障害予防規則について
  • 石綿障害予防規則の条文及びパンフレットが厚生労働省のホームページ内で検索できます。
    厚生労働省 アスベスト(石綿)情報(外部リンク)
    厚生労働省東京労働局労働衛生課
    電話番号 03-3814-5317
  • 労働基準監督署(届出先)(下記のホームページに連絡先、所管区域等が掲載されています)
    厚生労働省 東京労働局(外部リンク)
大気汚染防止法について
  • 八王子市環境部環境保全課
    電話番号 042-620-7255
都民の健康と安全を確保する環境に関する条例について
  • 八王子市環境部環境保全課
    電話番号 042-620-7255
廃棄物の処理及び清掃に関する法律について
  • 東京都環境局資源循環推進部産業廃棄物対策課
    電話番号 03-5388-3586(区・島しょ地区)
    東京都環境局 産業廃棄物対策(外部リンク)
  • 東京都多摩環境事務所廃棄物対策課規制指導係
    電話番号 042-528-2694(多摩地区)
建築物の解体等工事における石綿粉じんへのばく露防止マニュアルについて

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7217 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム