現在の場所 :
トップ > もしもの時のために > 防災・防犯情報 > 防犯情報 > こんな電話にご注意!! > 最近の振り込め詐欺について

最近の振り込め詐欺について

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005621

印刷する

最近の振り込め詐欺について

振り込め詐欺手口は、巧妙化、悪質化の傾向にあります。どんな名目であれ、現金を要求する電話がかかってきたら一度は「振り込め詐欺ではないか。」と疑ってみましょう。

「急に多額の現金が必要になることなどあり得ない」ということを念頭に置き冷静に対処してください。

必ず事実を確認し、すぐには振り込まないようにしましょう。少なくとも事実がどうか確認できない段階で、お金を支払う必要はないはずです。

息子や孫などの身内を装った手口

知らない携帯電話の番号から電話がかかってきたら要注意

犯人は、息子や孫を装い、前日に「携帯電話を壊した、無くした、買い換えた。」などの理由で、「電話番号が変わったから、この番号に登録を変更して」と電話を入れます。
ここで騙されてしまうと、犯人の思うつぼです。次回からこの番号でかかってきた電話は「息子(孫)からだ」と疑いもなく信じてしまい、後は言葉巧みにさまざまな理由をつけて現金を要求してきます。

現金要求名目で多い理由

  • 借金が返せない
  • 友人の借金の保証人になってしまった
  • 会社のお金を使い込んでしまった
  • 投資のためにお金が必要になった

被害に遭わないために

家族や身近な人たちの中で話題にし、情報を共有して被害に遭わないよう十分注意してください。特に、別居のご両親や高齢の身内の方に、次のことを伝えてください。

  • 「携帯電話の番号が変わった」という電話があったら 必ず前の携帯電話番号に電話してみる
  • 前の携帯電話番号にかけても連絡がつかない 息子(孫)の自宅や、会社に電話をするなどして、必ず事実確認をしましょう。

(補足)

携帯といっても、時と場合によっては、つながらないこともあります。(通話中や電波の届かない場所にいる等)。また犯人側が息子(孫)の本当の携帯電話に間違い電話や勧誘を装った電話等を掛けまくり、意図的に電話がつながらないようにしている場合もあります。

  • 現金を要求されたら直接会って確認しましょう
  • 息子(孫)に電話がつながらないなど、不安に思ったら近くの警察署に相談する。
  • 同級生名簿等を入手して、住所や電話番号、本人の名前等を知っている可能性があるので、 忘れるはずのない本人しか知らないこと(結婚記念日・旅行の思い出・好物等)を質問する。相手が「そんなことより」「それどころではない」などと言い、答えられなかったら、電話を切る。
  • 現金を要求する電話の内容を鵜呑みにしてはいけません。警察に相談してからでも遅くはありません。 まず落ち着いて、一旦電話を切って、お近くの交番や警察署に相談しましょう。

官公庁を装った手口

還付金に要注意

国や都及び市の職員を装い、お金が還付(返還)されるという名目で電話をかけてくる手口が多いです。

特に機械操作が不慣れな高齢者を狙って、期限が迫っているので今すぐコンビニのATMに行ってほしいと誘導し、ATMについたところで電話をかけさせ、「いまからあなた(被害者)の口座にお金を振り込むから、指示どおり操作してください」と言葉巧みに誘導し、実際には、被害者の口座から、犯人の口座へお金を振り込む操作をさせてお金を搾取する手口があるので注意が必要です。

現金要求名目で多い理由

  • 国税局・税務署職員を装い、税金を多く納めすぎているので還付する。
  • 厚生労働省、年金事務所等の職員を装い、医療保険特別補助金が支給される。未払いの年金がある。
  • 市職員を装い、高額医療費が支給される。

被害に遭わないために

  • 基本的に、官公庁がお金を還付(返還)する際は、電話だけで手続を済ませることはありえないということを念頭に置き、応対してください。
  • 相手の部署、担当者氏名は必ず聞き取ってください。
  • 不審に思ったら「104」(電話番号案内)に電話し、自分で電話番号を調べたうえで、事実確認を行ってください。(相手が申し出た電話番号には掛けないでください)

融資保証金詐欺・架空請求詐欺

身内や官公庁を装った手口の他に、業者を装い、融資保証金詐欺(貸します詐欺)や、身に覚えのない利用料金を請求する架空請求詐欺等も発生しています。

融資保証金詐欺について

はがき(ダイレクトメール)、メール、ファックスを送ったり、雑誌広告、折込チラシなどを利用して融資を勧誘し、連絡先に電話等で融資の申込みをすると、「あなたは、借入金多数として登録があり融資することができません。しかし、保証協会費を納めてそのデータを一端抹消すれば融資を受けることができます。」であるとか、「病気等で仕事が出来ず返済が滞った場合に備えて、あらかじめ保険料を納めてください。完済後にお返しします。」などと現金を預金口座等に振り込ませたり、電信為替などで送らせてだまし取る手口です。その後、実際にお金が融資されることはありません。

  • 正規の貸金業者では、保証金や借入金データの抹消などいかなる名目であっても、融資を前提に現金を振り込ませることはありません。
  • 国の制度として、「保証協会費を納めると借入金データが抹消され、融資を受けられる」というものはありません。
  • 実在する金融機関や貸金業者を装って、偽のダイレクトメール、折込広告、雑誌広告などを作成し、融資を勧誘する手口が多発しています。これらニセの広告は、実在する業者の商号、ロゴマーク、登録番号等を盗用して極めて精巧に作られており、中には、「悪質な手口にご注意」、「当社の名前をかたる悪質な業者にご注意ください。」などといった文言を記載しているものもあります。
  • 特に、有利な条件(「今回ご案内の届いた方に限り、3,500,000円までご融資」、「90日間無利息」、「固定金利X.Xパーセント」、「審査済みなのですぐ融資する」等)を宣伝する業者は注意が必要ですので、電話番号案内などを利用してダイレクトメール等に記載された連絡先電話番号が実在する業者のものと異なっていないか確認してください。
  • 保証金などを要求された場合、すぐに振り込まず、警察署、消費生活センター等に相談してください。

架空請求詐欺について

実際には利用していない、インターネットのアダルトサイトの利用料金など、架空の事実をでっちあげ、郵便やメールで料金を請求する文書を送付し、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る手口です。

  • 支払う必要のない架空な請求に対しては無視してください。もし、請求の電話があってもはっきり断ってください。
  • 見知らぬ送信元からの迷惑メールは、相手にせず、すぐに削除しましょう。とくに記載されたリンク先は絶対アクセスしないでください。
  • 利用した覚えがなければ現金を振り込まないでください。 また、利用した覚えがあっても「知らないうちに契約したことになっていた」「無料と見せかけて実は有料だった」等の場合は契約が成立しているとはいえず不当な請求になる場合があるので相手の言いなりにならず、消費者センター等に相談してください。
  • 相手に連絡しないでください。 「何かの間違いではないか。」といった問い合わせも厳禁です。
  • 相手に自分の氏名、住所を教えないでください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生活安全部防犯課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7395 
ファックス:042-620-7322

お問い合わせメールフォーム