現在の場所 :
トップ > もしもの時のために > 防災・防犯情報 > 防犯情報 > 気軽にできる防犯対策 > 侵入窃盗被害に遭わないために

侵入窃盗被害に遭わないために

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005600

印刷する

侵入窃盗被害に遭わないために

侵入窃盗は、外出中の被害と思われがちですが、留守時における空き巣の他にも、家人が夜間就寝中に侵入する「忍込み」、家人が在宅しているときに隙をみて侵入する「居空き」等の手口があります。

侵入窃盗被害は、お金や貴重品などの被害の他、「見知らぬ人が入り込んだ」という強い不安感を長期間に渡って感じるものです。侵入窃盗被害防止のため、次の点に注意しましょう。

  • 防犯性能の高い鍵などを活用しましょう。
  • 防犯ガラスを取り付ける、ガラス破り防止シートをガラスに取り付けるなどして、ガラス破りによる侵入被害を防止しましょう。
  • 確実に戸締りする習慣を身に付けましょう。ごみ出しや近所への買い物などの短時間に被害に遭っている例があります。
  • 浴室やトイレの窓も必ず閉めましょう。外出時や就寝時に無施錠の浴室やトイレの窓から侵入されています。
  • 合鍵を郵便受けや植木鉢の下などに隠しておくことは絶対に止めましょう。合鍵を探す手口を得意とする泥棒もいます。
  • ご近所付き合いを大切にしましょう。
    防犯は ひとりの目より 地域の目
  • 毎日配達される新聞や牛乳ビンなどは忘れずに取り入れましょう。
  • 不在を悟られないように、暗くなったらタイマーなどで電灯がつくようにするなどの工夫をしましょう。
  • 一晩中洗濯物を干しっぱなしにしておくことは、一人暮らしや外出と悟られてしまいますので、日暮れまでに取り入れるか、室内干しにしましょう。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生活安全部防犯課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7395 
ファックス:042-620-7322

お問い合わせメールフォーム