自主防犯テキスト

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005627

印刷する

自主防犯テキスト

犯罪を未然に防ぎ、安全で安心して暮らせるまちづくりの実現するためには、警察、市はもとより、市民や事業者の皆さんの協力が不可欠です。 また、地域住民の皆さん一人ひとりが犯罪の被害に遭わないよう常に心がけるとともに「自分達のまちは、自分たちが守る」といった地域ぐるみでの地域安全運動も大切です。

このページでは、地域での活動を進めるにあたっての参考点をまとめましたので、是非ご活用ください。

市民一人一人が防犯意識を高めることが大事です

犯罪を防ぐためには、それぞれの犯罪の種別に応じた対策が必要です。
新聞やニュースで報道されている最近の犯罪(振り込め詐欺、不当請求など)については、警察署や市から配布されるチラシやリーフレット、ホームページなどの情報を参考に基本的な防犯意識を身に付けるよう心がけてください。

自主防犯テキストイメージイラスト1

  • 他人ごとではではなく、自分のこととして考えましょう。

パトロールの実施要領について

地域の皆さんによる防犯パトロールは、地域住民自らが地域ぐるみでまちの安全・安心を見守っているということが、犯罪者に対して大きな抑止力となります。
警察署や市の情報をもとに、多くのみなさまが参加しやすい日・時間帯・場所(地域)を選定し無理なくゆとりをもって、出来る範囲から始めましょう。

自主防犯テキストイメージイラスト2

  • ひったくりなどを警戒する時は、駅周辺や人通りの少ない通りなどを重点に実施してください。
  • 侵入窃盗などを警戒する場合は、住宅街などの裏路地を重点的に実施してください。

地域でのあいさつの励行

普段からご近所同士のあいさつを励行し、防犯についての身近な情報についてはお互いで共有し合いましょう。
また、見知らぬ人にも積極的に相手の目を見てあいさつをしてください。 犯罪を犯そうとする者は、住民や通行人からあいさつされたり、声をかけられたりすることを嫌います。

自主防犯テキストイメージイラスト3

  • ご近所同士ははもちろんのこと、町内ですれ違った知らない人に対しても、あいさつする習慣を身につけましょう。

犯罪の起こりにくい環境作りと地域のコミュニティーの向上に心がけましょう

自宅や自宅周辺にゴミや吸殻が散乱していたり、ゴミの収集日でもないのにゴミを捨てたりしていると、犯罪者のターゲットとなります。
また、夜間は玄関灯、門灯等で外部を明るくしましょう。一戸一灯運動にご協力願います。

自主防犯テキストイメージイラスト4

  • 犯罪者は、マナーの守られていない地域を狙います。 地域が協力しあい、環境整備に努め住民間のコミュニティーをとることで、犯罪の発生しにくい環境作りに心がけましょう。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生活安全部防犯課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7395 
ファックス:042-620-7322

お問い合わせメールフォーム