現在の場所 :
トップ > もしもの時のために > 防災・防犯情報 > 防災情報 > 災害に備えて > 災害時要援護者避難支援制度

災害時要援護者避難支援制度

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005653

印刷する

災害時要援護者避難支援制度をご活用ください

制度の概要

災害が発生したときや災害のおそれがあるとき、自力で避難することが困難な方に対し、災害に関する情報の伝達や避難などの手助けが、地域の中で速やかに安全に行われるための仕組みを地域のみなさんとともにつくりたいと考えています。
なお、制度の詳細は「八王子市災害時要援護者避難支援地域実施マニュアル」をご覧ください。

対象となる方

災害時に家族などの支援だけでは避難することができない、または家族などの支援を受けられない在宅の方で、本人の住所、本人の状況などの個人情報を地域支援組織へ提供することに同意される以下の方を対象とします。

(施設、病院などに長期入所・入院されている方は対象になりません)

  1. 高齢者(ひとり暮らし高齢者)
  2. 介護の必要な方(介護認定を受けている方)
  3. 障害者(身体、知的、精神の各障害者手帳を保持している方)
  4. その他、災害時に自力で避難することが困難な方

地域支援組織とは

町会・自治会、自主防災組織、民生委員・児童委員、老人クラブなど、その地域の各団体単位の総意として、結成した組織です。すでに、地域支援組織のような町会・自治会、自主防災組織、民生委員・児童委員等が主導している組織があれば、改めて結成する必要はありません。

共助の考えが前提となるため、地域支援組織が結成されなくては、支援者を決定できないため実施できません。

地域として、要援護者対策の重要性・必要性を感じ、その機運が高まった地域から実施することとなります。

(※)要援護者対策に取り組んで間もない、また今後着手しようとしている地域の方に対し、

   すでに成果を上げている地域の代表者との意見交換の場を設けることができます。

【地域支援組織の状況】

 現在、市で把握している地域支援組織の結成状況は以下のとおりです。(平成29年8月現在)

地域支援組織への登録方法

手上げ方式

支援を希望される方が、お住まいの地域支援組織に対して手を上げるもの。

同意方式

市役所から要援護対象者(介護認定者・障害者手帳保持者・難病の方)に対し、「勧奨通知」を発送したり、民生委員の個別訪問によって希望者を募り、制度の説明を希望する方の自宅に訪問して、納得したうえで地域支援組織への登録していただくもの。

「市と覚書を交わした地域支援組織の該当地区にいる要援護者に対し、市から送付するもの」

「要援護者が地域支援組織に登録し、避難支援プラン作成に使用するもの」

地域のみなさんへお願い

この制度は、あくまでも普段からの地域の助け合い(共助)によって、少しでも災害時の被害を減らそうとするものです。

災害は、いつどのような形で起こるかわかりません。また、支援する方が被害に遭われることもあります。よって、地域支援組織に登録し、避難支援プランを作成したからといって、必ず支援を受けられるとは限りません。また、支援する方が責任を負うものでもありません。

支援を希望される方自身も、常に自分の身は自分で守るという意識を持って、普段から積極的に周囲の方とのコミュニケーションをとるよう心がけましょう。

この制度のよくある質問にお答えします(Q&A)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部福祉政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7240 
ファックス:042-628-2477

お問い合わせメールフォーム