現在の場所 :
トップ > 緊急情報 > 新型コロナウイルス感染症対応 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組み

新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組み

更新日:令和3年2月2日

ページID:P0027274

印刷する

JR八王子駅で不要不急の外出自粛等を呼び掛けました(令和3年1月29日)

緊急事態宣言が発出され、3週間が経ちましたが、新型コロナウイルス感染者数については高い水準で推移しており、政府は緊急事態宣言の延長を検討するなど、依然として厳しい状況が続いています。
引き続き、新型コロナウイルス感染拡大への強い警戒が必要な状況を踏まえ、JR八王子駅の全面的な協力のもと、JR八王子駅構内で不要不急の外出自粛等の呼び掛けを行いました。
また、1月30日および31日には、防災行政無線を使って、市長が感染拡大防止を呼び掛けを行いました。

1月29日不要不急の外出呼びかけその1 1月29日不要不急の外出呼びかけその2

緊急事態宣言に伴う不要不急の外出自粛について呼び掛けを行いました(令和3年1月15日)

政府が、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、緊急事態宣言を発出したことを踏まえ、東京都では都民に対し不要不急の外出自粛を要請しています。
これを受け、1月15日にJR八王子駅改札前及び八王子駅北口周辺で、東京都と合同でJR八王子駅のご協力をいただきながら「不要不急の外出自粛」「ステイホーム」「三密回避」の呼び掛けを実施しました。
引き続き、防犯・防災情報メール等による情報発信、消防団による巡回広報、青パトによる広報活動及び防災行政無線等を最大限に活用しながら、新型コロナウイルス感染拡大防止の呼びかけを行っていきます。

1月15日安全パトロールその1 1月15日安全パトロールその2

八王子駅周辺で「STOPコロナ!感染しない、感染させない行動を!」を呼び掛けました(令和2年12月22日)

市では、八王子駅周辺の安全安心を守るため、八王子駅周辺の町会・商店会の皆さん、八王子警察署と連携して、毎月「生活安全パトロール」を実施しています。
12月22日の生活安全パトロールでは、八王子消防署及び市消防団も参加し「歳末防犯・防火特別警戒パトロール」を行うとともに、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京都と合同で「3密回避」「衛生的な手洗い」「マスク着用」のほか、年末年始における感染症対策などの啓発を行いました。

12月22日生活安全パトロール

感染拡大防止に向けたチラシの掲示および引き続き感染対策のお願い(令和2年12月4日)

現在都内では、新型コロナウイルスの感染症者数が増加しており、今後さらなる感染拡大が懸念されています。
そこで、本市プレミアム付商品券の販売、使用が開始したことから、商品券の登録店舗の皆さまに、プレミアム付商品券取扱店ステッカー付近に感染拡大防止に向けた以下のチラシを掲示していただきたく、ご協力をお願いします。
店舗の業種等に応じて、感染対策の取り組む内容が異なるかと思いますので、必要に応じて遵守事項を加筆してご活用ください。

★掲示用チラシのデータはこちらから★

遵守事項の主な例

(全業種)
・入店者の列は間隔(できるだけ2m)を空ける。このための従業員 による行列の整理、立ち位置の目印を付すなど、入場整理を行うことで混雑を防ぐ。
・入店者にマスク着用の徹底などの周知を図る(マスクを着用していない方 に対してはマスクの配布などに努める。
・非接触型機器などを活用し入店者を検温し、発熱者に対しては入店を制限する。
・施設の規模に応じて入店者数や滞在時間の制限を設ける(とりわけ屋内施設については、3密(密閉、密集、密接)にならないよう 入店者数の制限に十分 留意する)
・入店口や施設内各所に消毒備品等を設置し、入店者の手洗いや手指消毒、靴底 消毒の徹底を図る。
・ICTシステム等を活用し、整理券やオンラインチケットの販売、来場時の日時指定予約、時間制来店者システムや完全予約制の導入等による混雑の緩和を図る。
・喫煙スペースがある場合は、3密(密閉、密集、密接)にならないよう利用者数の制限を設け、利用者に対して周知徹底を図る。
・扉や窓などを開け たうえで、扇風機やサーキュレーター等を外部に向けて使用するなど、建物や施設内の定期的な換気を行う。
・レジや窓口など人と人の対面が想定される場所に、アクリル板や透明ビニールカーテンなどを設置し遮蔽する。

(飲食店)
・大皿 での提供 は避けて、料理は個々に提供する、従業員等が取り分けるなど の工夫を行う。
・会計時の混雑を避けるためテーブルでの会計を行う。
・ ビュッフェスタイルの飲食提供については、蓋でカバーし、スタッフが取り分けて提供するなど、衛生管理を徹底する。

(劇場等)
・飛沫感染対策として、客席の最前列席は舞台前から十分な距離を取るなど、 演者と客席の間隔を確保する
・入場時に際しては、来場者が自分で半券を切って箱に入れ、職員が目視で確認するなど、入場時のチケットもぎりの簡略化を図る。
・余裕を持った入退場時間を設定し、ゾーンごとによる時間差での入退場等が行えるよう工夫する。
・出演者の入待ち、出待ちは厳に慎むよう周知徹底する
・来場者と接触するような演出(声援を惹起する、ステージに上げる、ハイタッチをする等)は行わないようにする。

★詳細はこちらへ(東京都HP)(外部リンク)

感染対策の徹底を呼び掛けながら生活安全パトロールを行いました(令和2年11月19日)

 市では、八王子駅周辺の安全安心を守るため、八王子駅周辺の町会・商店会の皆さんと八王子警察署と連携して、毎月「生活安全パトロール」を実施しています。
11月19日の生活安全パトロールでは、「STOPコロナ!感染しない、感染させない行動を!」を合言葉に、「3密の回避」「衛生的な手洗い」「マスクの着用」の徹底を啓発しながらパトロールを行いました。

11月19日生活安全パトロールその1 11月19日生活安全パトロールその2

市内駅周辺に啓発横断幕を掲出しました(令和2年11月13日)

「3密の回避」「衛生的な手洗い」「マスクの着用」といった基本的な感染対策の徹底を呼び掛けるため、JR八王子駅北口・南口、JR西八王子駅、京王相模原線南大沢駅周辺に横断幕を掲出しました。

八王子駅北口 八王子駅南口

西八王子駅 南大沢駅

市長メッセージを大型ビジョンで放映(令和2年11月1日)

これからの季節、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が懸念されることから、市長が感染対策を呼び掛ける動画を、八王子駅北口カラオケ館の八王子シティビジョンと横山町交差点のYYビジョンで放映しました。

八王子シティビジョン YYビジョン

市内商店街の新型コロナウイルス感染拡大防止対策の現地調査を行いました(令和2年8月28日)

東京都と市が共同で、JR八王子駅北口周辺商店街とJR西八王子駅周辺商店街の新型コロナウイルス感染防止対策の現地調査を行いました。
今回確認をしたのは、「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示状況と、手指消毒やマスク着用等の感染対策の遵守状況。現場確認をした477店舗のうち、約8割が感染防止徹底宣言ステッカーを掲示していたほか、聞き取りを行った37店舗すべてで感染拡大防止の対策がとられていました。

聞き取りの様子とステッカー

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

総合経営部新型コロナウイルス感染症対策担当
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7491 
ファックス:042-627-5939

お問い合わせメールフォーム