現在の場所 :
トップ > 担当窓口から探す > 子ども家庭部 > 子どものしあわせ課 > 八王子市保・幼・小子育て連絡協議会

八王子市保・幼・小子育て連絡協議会

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0001138

印刷する

子どもたちの笑顔と育ちをつなげるために

保・幼・小子育て連絡協議会

八王子市保・幼・小子育て連絡協議会(以下、協議会)は、子どもがより健やかに育つよう、保育園・幼稚園・小学校・学童保育所・児童館・子ども家庭支援センターがお互いの連携を深め、情報を交換し、共通の課題に取り組むことを目的とし、平成12年度から活動しています。
今年度も、就学前の教育・保育から就学後の学校教育まで子どもたちの育ちがつながるよう、共通の課題などの話し合いや講演会・研修会を開催しました。また、市内の療育機関もこの協議会に参加しています。

これまでの主な取組

  • 「就学支援シート」の作成と普及啓発
  • 研修会の実施
  • 講演会の開催
  • 「保・幼・小連携の日」の実施

ブロック会議

保・幼・小 ブロック図

八王子市では、広い市域を5つのブロックに分け、それぞれのブロックが地域子ども家庭支援センターを中心に、子育て・子育ちを支援するためのネットワークを構築しています。

保・幼・小連携もこのネットワークを活用して、平成16年度より、ブロック毎に 「顔の見える連携」を行うための「ブロック会議」を開催しています。 ここでは、より身近な地域の中での子どもの問題や、協議会から提案された共通の課題について、それぞれの施設の園長や校長を始めとする関係者によって、さまざまな情報交換や議論が行われています。

平成24年度からは、就学前後の円滑な接続について取り組んでいます。

保・幼・小子育て連絡協議会のこれまでの取組み

平成12年度

協議会を通じて、保育園、幼稚園、小学校が訪問可能日を設定して、職員がお互いに訪問しあう 「施設訪問研修」を実施しました。
また、学級崩壊やいじめを、就学前におけるしつけや教育の視点から話し合う、シンポジウムを開催しました。

平成13年から平成15年度

保育、教育に関わることをテーマに、市民講座を開きました。

市民講座実績

平成12年度

講演 「幼児期からの心の教育」 昭和女子大学大学院教授 岸井 勇雄氏
シンポジウム「子どもたちのために、今私たちは・・・」

平成13年度

ビデオ上映「子どもの声に耳をすませて」
講演 「虐待防止 あなたにできること」 青山学院大学教授 庄司 順一氏

平成14年度

講演 「テレビゲームと子どもの痴呆~ふれあい遊びが脳を育てる~」
日本大学教授・同大学院教授 森 昭雄氏
ふれあい遊び 創作遊び作家 たにぞう(谷口 國博)氏

平成15年度

講演 「だれが子どもを育てるの?~家庭と地域の役割と連携~」
東京大学大学院教育学研究科教授 汐見 稔幸氏

平成16年から平成24年度

保・幼・小で扱われる、子どもの問題点を共有していこう、ということから、地域ごとのブロック単位で会議を行い、年1回報告会と、保育・教育に関する講演会を開催しました。(下記の報告会・講演会の項目参照)

平成17年から平成19年度

「保育園・幼稚園から小学校へ送る連携シート」について検討を進め、平成19年度にはシート作成プロジェクトを設置し、同年度内に実用化を実現しました。

平成24年から平成25年度

保育園・幼稚園から小学校へ入学する際の円滑な接続を目指し、「ジョイントプログラム・カリキュラム」の研究を課題にし、協議会やブロック会議で話し合いました。

平成26年度から

保・幼・小連携をより一層推進するため、「保・幼・小連携の日」を設定し、教職員同士の意見交流を試行実施。7園・6校の交流をスタートさせました。

「保・幼・小連携の日」実績

平成27年度

「保・幼・小連携の日」の施行実施を拡大し、17園・16校・2学童保育所で教職員同士の交流を行っています。

平成28年度

市内51小学校を中心とした49チームにおいて実施しました。

報告会・講演会

保・幼・小子育て連絡協議会ロゴマーク

地域毎に行われたブロック会議から、それぞれの1年間のまとめを報告しあうことで課題を共通認識し、保・幼・小連携の重要性を理解するために年1回「ブロック会議報告会」を開催してきました。参加された方々の研修の機会になることも目指し、保育・教育の共通課題となることについての講演会を同時開催しました。(平成24年度からは、講演会のみを開催。)

講演会実績

平成16年度

「保・幼・小連携から学ぶ」
白梅学園短期大学学長 無藤 隆氏

平成17年度

「学園生活を安全に過ごすために~現代の子どもの身体の変調と保護者・指導者相互の安全配慮」
実践女子短期大学教授 日野 一男氏

平成18年度

「人との情緒的なやりとりの困難~アスペルガ-障害への発達的支援から考えてみる」
首都大学東京教授 須田 治氏

平成19年度

「困難をかかえた子どもを理解する:発達障害・虐待・気になる子」
首都大学東京教授 浜谷 直人氏

平成20年度

「子どもの発達を支えるということ」
島田療育センター心理相談室長 山本 秀二氏

平成21年度

「保・幼・小連携を活かすには~学童保育を含めた地域連携を考える」
お茶の水女子大学大学院准教授 青木 紀久代氏

平成22年度

「私が伝えたいこと」
島田療育センター小児科医 小沢 浩氏

平成23年度

「保・幼・小の連携に向けて」
白梅学園大学教授 無藤 隆氏

平成24年度

「子どものすこやかな発達をはぐくむ」~児童精神科医からのメッセージ
駒木野病院児童精神科医 笠原 麻里氏

平成25年度

「園から小へ 移行期の子どもの支援 ~連携と接続で育ちをつなぐ~」
大妻女子大学教授 酒井 朗氏

平成26年度

「保・幼・小連携をさらに進めるために」
東京大学大学院教授 秋田 喜代美氏

平成27年度

子どもが育つ 親が育つ 教師が育つ「保・幼・小連携~育ちあうコミュニティづくりの挑戦」
品川区立第一日野小学校 校長 酒井 敏男氏

平成28年度

「子どもの心の発達と大人の関わり~10歳の壁・中1ギャップを見据えながら」
法政大学教授 渡辺 弥生氏

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部子どものしあわせ課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7391 
ファックス:042-627-7776

お問い合わせメールフォーム