現在位置 :  トップ  >   くらしの情報  >   教育・生涯学習・スポーツ  >   歴史・文化財  >   八王子市の文化財  >   史跡・旧跡  >   国指定史跡  >   八王子城跡


ここから本文です。

八王子城跡

八王子城跡(曳橋)

 小田原北条氏最大の支城です。天正12年(1584)から天正15年(1587)頃に築いたと伝えられています。天正18年(1590)に豊臣秀吉の小田原攻めの際に上杉景勝・前田利家の軍勢に攻められ落城しました。
 平成18年には「日本100名城」にも選ばれました。


指定年月日
昭和26年6月9日
所在地
元八王子町3丁目・西寺方町・下恩方町
指定面積
1,542,378.27平方メートル

交通アクセス

JR高尾駅北口1番バスのりばより、西東京バス「高尾の森わくわくビレッジ」「宝生寺団地」「恩方ターミナル」「大久保」「陣馬高原下」「グリーンタウン高尾」「美山町」行きで、バス停「霊園前・八王子城跡入口」下車、徒歩約15分。

土・日・祝日のみ、JR高尾駅北口1番バスのりばより、「八王子城跡」行が運行されます。


周辺地図

関連情報

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
電話:042-620-7265 ファックス:042-626-8554 メールでのお問い合わせ専用フォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ戻る