現在位置 :  トップ  >   くらしの情報  >   教育・生涯学習  >   歴史・文化財  >   八王子城跡


ここから本文です。

八王子城跡

八王子城跡

※※注意!※※近頃、野生動物の目撃情報が寄せられています。登山の際は鈴やラジオなど音の出るものを身につけて、注意して登ってください。

虎口

 小田原に本拠をおいた後北条氏の三代目、氏康の三男、北条氏照(?から1590)が築いた山城です。
 築城の時期ははっきりしませんが、天正年間に築城が開始され、氏照が滝山城から移ったのは天正12年(1584)から天正15年(1587)の間とする説が有力です。天正18年(1590)6月23日、豊臣秀吉の関東制圧の一環で、前田利家・上杉景勝軍に攻められて落城しました。この、八王子城落城が決め手となって籠城を続けていた小田原城は開城、北条氏は滅亡しました。氏照はこの時、小田原に籠城中で、開城後、兄の氏政とともに城下で切腹しました。

 八王子城は、関東屈指の山城です。氏照が構想していた城郭は壮大で、落城時はまだ未完成の状態であったと考えられています。
 城は大まかに、城下町に当たる「根小屋地区」、城主氏照の館のあった「御主殿跡」などの「居館地区」、戦闘時に要塞となる「要害地区」に分かれています。
 この城が築かれた時代は、それまでの戦闘重視の山城から、近世的な天守閣を持つ平山城、平城への転換期であり、比較的なだらかな丘陵を利用して構築された滝山城から、より急峻な八王子城に移ると言うことは、時代を逆行する面もありました。しかし、安土城をはじめ関西の城で取り入れられるようになり、後に近世城郭の一つの特徴ともなった石垣を取り入れているところに、古い時代の山城にはない、八王子城の特徴があります。

 平成2年(1990)の落城400年という節目に、御主殿地区の石垣と虎口などの通路、御主殿に続く古道が整備されました。石畳や石垣は、発掘によって確認された当時のものをなるべく活用し、破損していた個所についても、できるだけ当時の形に忠実な復元がされています。
 また、見学者の案内のために管理棟が建てられ、広場に八王子城案内板が設置されました。
 八王子城周辺は、江戸時代には徳川幕府の直轄地、明治になってからは国有林となっていたため、あまり人の手が入らず、御主殿周辺の遺構は良好な形で残っていました。
 要害地区は深沢山(城山)の地形を巧みに利用して作られています。頂上に本丸が設けられ、周囲に敵の侵入や攻撃を防ぐために「曲輪」と呼ばれる平場が配置されています。

 平成18年4月に日本城郭協会より「日本100名城」に選定されました。
 「日本100名城」には、世界遺産の姫路城、国宝の彦根城・松本城、また東京都内では江戸城など、そうそうたる名城が選定されており、八王子城は戦国の山城としての状態を良く残していることなどから選ばれました。

 平成24年10月に、新たにガイダンス施設がオープンしました。


概要

名称

国史跡 八王子城跡


所在地

元八王子町3丁目、西寺方町、下恩方町
管理棟は元八王子町3-2715-2


見学料

無料


公開時間

散策はいつでもできます。
ただし、下記の事項は午前8時30分から午後5時までです。

  • トイレ、駐車場のご利用
  • パンフレットの配布
  • スタンプの設置

なお、12月29日から1月3日は、トイレ・駐車場のみご利用可能です。


駐車場

大型バス4台・普通車50台(うち、身障者用2台、思いやり駐車スペース1台)


諸注意~楽しく見学するために~

来城するすべての方が楽しく見学できるよう、以下の点にご注意ください。

  • 火気厳禁
  • ヘビ・ハチなど、危険な生き物に注意!(見かけても刺激しないでください。攻撃を仕掛けてきます)。
  • 山に登る時は、野生動物避けに鈴やラジオなど音の出るものを身につけるようにしましょう。
  • 自然の生き物・植物をとらないでください。
  • 散策路以外は通らないでください。
  • 路上駐車はしないでください。
  • ゴミはお持ち帰りください。

マナーを守って、見学をしましょう。


八王子城跡ガイドボランティア

管理棟前広場

 平成21年5月からボランティアによるガイドを始めました。
 管理棟から御主殿跡までを解説しながらご案内します。八王子城跡にお越しの際は、お気軽に声をお掛けください。


ガイド時間

午前9時から午後4時まで(受付は午前9時から午後3時まで)
 ※12月29日から1月3日は除く
 ※悪天候時などに活動を休止する場合があります。ご了承ください。


ガイド料

無料


交通案内

公共交通機関をご利用の場合

 JR高尾駅北口1番バスのりばより、西東京バス「高尾の森わくわくビレッジ」「宝生寺団地」「恩方ターミナル」「大久保」「陣馬高原下」「グリーンタウン高尾」「美山町」行きで、バス停「霊園前・八王子城跡入口」下車、徒歩約15分。

 土・日・祝日のみ、JR高尾駅北口1番バスのりばより、「八王子城跡」行が運行されます。


お車でお越しの場合

 圏央道八王子西インターチェンジから高尾方面へ約10分。または、中央道八王子インターチェンジ第2出口から、甲州街道を経由して約40分。

 ※八王子城跡は広範囲で指定されている史跡であり、カーナビゲーションに「八王子城跡」という名称又は管理棟の住所(元八王子町3-2715-2)を入力すると、システムによっては適切なルートで案内されない場合があります。八王子城へのアクセスの際にカーナビゲーションをご利用の方は、お手数ですが文化財課までお問い合わせください。


案内図

案内図

PDFをご覧になる場合は Adobe Reader (無償ソフト)が必要です。
AdobeのWebサイト(外部リンク)からダウンロードしてください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
電話:042-620-7265 ファックス:042-626-8554 メールでのお問い合わせ専用フォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ戻る