現在位置 :  トップ  >   くらしの情報  >   教育・生涯学習  >   歴史・文化財  >   絹の道


ここから本文です。

絹の道

絹の道

 「絹の道」の愛称で親しまれているこの道は、かつては「神奈川往還」または「浜街道」と言われていました。 
 安政6年(1859)に横浜が開港し、その後、鉄道が発達する明治の中ごろまで、輸出用の生糸が多数運ばれたルートのひとつです。八王子周辺地域で生産された生糸は、八王子宿に集められ、この道を通って横浜に運ばれて行きました。その、生糸取引で短期間に巨額の富を成したのが「鑓水商人」です。
 現在、「絹の道」は御殿橋のたもとから、「絹の道碑」の前までの約1.5キロメートルが市の史跡に指定されています。このうち、特に昔の面影をよく残す未舗装部分は文化庁選定「歴史の道百選」にも選ばれました。
 峠の一番高いところには、かつて道を行き交う旅人や村内の安全を祈って、道了尊を祀ったお堂がありました。現在は取り壊されて、跡地が大塚山公園として整備されています。


交通案内

大塚山公園から散策する場合

JR八王子駅南口より
京王バス 「片倉台」または「八王子みなみ野駅」行
バス停「坂上」下車、徒歩約10分
 

JR八王子みなみ野駅より
京王バス 北野駅南口、北野駅北口、八王子駅南口 行
バス停「坂上」下車、徒歩約10分
 
京王線北野駅北口より
京王バス 片倉台、八王子みなみ野駅 行
バス停「坂上」下車、徒歩約10分

京王線北野駅南口より
京王バス 片倉台、八王子みなみ野駅 行
バス停「坂上」下車、徒歩約10分

 


このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
電話:042-620-7265 ファックス:042-626-8554 メールでのお問い合わせ専用フォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ戻る