現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 税金 > 税金について > 市民税・都民税 > 市民税・都民税に関する手続き > 市民税・都民税の申告について

市民税・都民税の申告について

更新日:平成30年1月4日

ページID:P0020553

印刷する

市民税・都民税の申告について

申告に必要なもの

申告の方全員

印鑑・マイナンバーに係る本人確認書類等(個人番号確認書類及び身元確認書類各1点)

代理人申告の場合は、委任状等による代理権の確認書類、代理人の身元確認書類

個人番号確認書類

個人番号カード(裏面)、個人番号通知カード、

個人番号が記載された住民票の写し等

身元確認書類 

<写真付き身分証明書(1点提示)>

個人番号カード(表面)、運転免許証、旅券、障害者手帳等

<写真付きでない身分証明書(1点提示、代理人は2点提示)>

公的医療保険の被保険者証、介護保険被保険者証、源泉徴収票、住民票の写し等

 昨年中に収入のあった方

昨年中の源泉徴収票又は収入金額の分かる書類

所得控除・税額控除を受ける方

※各種証明書類をご持参ください。

雑損控除・医療費控除・社会保険料控除・小規模企業共済等掛金控除・生命保険料控除・地震保険料控除・寄附金控除

昨年中に支払った額の領収書、証明書、明細書

勤労学生控除

学生証、学校や職業訓練法人から交付される証明書

国外居住親族に係る扶養控除

日本語付きの扶養親族関係書類及び送金関係書類

障害者控除

身体障害者手帳、愛の手帳(療育手帳)、精神障害者保健福祉手帳、障害者控除対象者認定書(注)

(注)要介護等認定高齢者も障害者控除の対象となる場合があります。

障害者手帳の交付を受けていない方でも、65歳以上で、障害者に準ずるものとして市長の認定を受けている場合には、障害者控除の対象となります。
また、障害者手帳による普通障害者控除対象者のうち、本制度により、特別障害者控除の対象となる方も申請できます。
控除を受けるには、市が発行する「障害者控除対象者認定書」が必要です。
認定基準や認定書の申請方法については、以下のページをご覧ください。

障害者手帳等の交付を受けていない要介護等高齢者の方に対する税法上の障害者控除

 記載済みの市民税・都民税申告書の提出方法

市民税・都民税の申告書が全て記載済みで、必要書類も添付されている場合、下記の方法でも提出できます。

八王子市役所本庁舎および市民部各事務所で提出

市民部各事務所(斎場事務所を除く)には、税務担当職員が常駐していません。
記載済みの申告書をお預かりすることはできますが、記載相談や内容点検が必要な場合には、出張申告受付をご利用ください。
平成30年度市都民税申告受付日程表(PDF形式 366キロバイト)

郵送による提出

八王子市税務部住民税課 

〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号

関連ファイル

平成30年度市都民税申告受付日程表(PDF形式 366キロバイト)

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き八王子市のサイトを離れます)が必要です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

税務部住民税課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7219 
ファックス:042-627-5918

お問い合わせメールフォーム