早期発見・早期対応

更新日:平成29年4月1日

ページID:P0003746

印刷する

早期発見・早期対応のメリット

 認知症は誰もがかかる可能性のある身近な病気です。認知症もほかの病気同様、早期発見・早期対応が大切です。早いうちに診断を受け、医師との信頼関係を築くことで不安感を解消したり、サービスを利用して環境を整えるなどこれからも自分らしく過ごすための準備に役立ちます(詳しくは八王子市認知症まるごとガイドブックをごらんください)。

認知症初期集中支援事業(平成28年10月~)

 平成27年1月27日に策定された「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~」(新オレンジプラン)により、平成30年度までにすべての市町村で実施することになりました。
認知症の専門スタッフが、診断に結びついていない方の自宅を訪問し、必要な医療や介護の導入・調整や、家族支援などの初期の支援を集中的に行い、住み慣れたまちで暮らし続けることができるようにサポートします。

設置場所

 市内4つの医療機関(三愛病院・数井クリニック・永生病院・恩方病院)。

利用の相談

 お住まいの地区を担当する高齢者あんしん相談センターまでお問い合わせください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部高齢者福祉課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7420 
ファックス:042-624-7720

お問い合わせメールフォーム