彫刻のまちづくり まちは大きな美術館

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000024

印刷する

彫刻のまちづくりとは

公園の緑の中や駅前、商店街などで、ふと彫刻を目にしたことのある方は多いのではないでしょうか。
「彫刻を設置し、都市空間を利用したオープンギャラリーとする」「彫刻をとおした市民のコミュニケーションを図る」ことを目的に、昭和53年から彫刻のまちづくりがスタートしました。彫刻は駅周辺・公園・文化施設や商店街など、都市・文化・コミュニティの核となる場所に設置されました。平成10年に目標であった設置数100基を達成したため(現在は103基)、この構想は終了しました。現在市では設置した彫刻の保全や活用に努めています。

八王子彫刻フォトマップ

彫刻フォトマップの写真

彫刻のまちづくりで設置した103基の彫刻の写真と設置場所を紹介するマップです。PDF形式でのダウンロードもできます。

彫刻の概要

八王子彫刻フォトマップに掲載している彫刻について、作品説明や詳しい設置場所を紹介しています。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

市民活動推進部学園都市文化課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7409 
ファックス:042-626-0253

お問い合わせメールフォーム