死亡一時金

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0003577

印刷する

死亡一時金は、第1号被保険者として国民年金の保険料を3年以上納めた人が、何の年金も受けずに亡くなったときに支給されます。(ただし、死亡後2年を経過すると請求できません。)

死亡一時金を受ける場合、免除された期間については、以下のとおりになります。

  • 4分の1免除期間は保険料納付済期間の4分の3に相当します。
  • 半額免除期間は保険料納付済期間の2分の1に相当します。
  • 4分の3免除期間は保険料納付済期間の4分の1に相当します。
  • 全額免除期間は保険料納付済期間とみなされません。

死亡一時金の金額

死亡月の前月までの付加保険料納付済期間が3年以上ある場合には、さらに8,500円が加算されます。

死亡一時金の金額

保険料納付済期間 金額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円

給付に関するお問い合わせ

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(国民年金担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7238 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム