2分の1納付が承認された場合

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0003569

印刷する

申請があった月の属する申請年度の始期(7月)から、申請年度の末月(6月)までの間において、必要と認められる月までの保険料の半額が免除されます。

2分の1納付が承認された場合の注意事項

  1. 保険料の2分の1納付がされた2分の1納付承認期間中の事故や死亡といった不慮の事態には、障害基礎年金や遺族基礎年金の保証の対象となります。
  2. 2分の1納付承認期間で保険料の2分の1納付がされた期間は、年金受給資格期間(老齢基礎年金の受給に必要な期間)としては算入されます。
  3. 老齢基礎年金額への反映は、保険料を納めた場合の4分の3(平成21年3月以前の期間は3分の2)となります。保険料の2分の1を追納した場合には、納付済期間となります。
  4. 2分の1納付が承認されても、保険料の2分の1を納付されない場合は、未納期間としての取り扱いとなります。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(国民年金担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7238 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム