現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 国保・後期高齢者医療・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の概要 > 後期高齢者医療制度の保険証(被保険者証)

後期高齢者医療制度の保険証(被保険者証)

更新日:平成28年12月17日

ページID:P0020207

印刷する

保険証(被保険者証)について

後期高齢者医療制度の被保険者には、一人に1枚保険証(被保険者証)が交付されます。保険証には医療を受ける際の自己負担割合(「1割」または「3割」)や有効期限などが記載されています。

保険証の有効期限は原則として2年間です。現在交付されている保険証の有効期限は平成30年7月31日です。

また住所・氏名がかわった時、課税所得の状況や世帯の変更などにより一部負担金の区分が変わった時などは、保険証は随時更新されます。


保険証をなくしたときは

保険証を紛失、破損してしまったときは、申請により再交付が受けられます。下記窓口にてご相談ください。

【必要書類】
1.本人確認ができる書類
(介護保険証・運転免許証・パスポートなど)
2.本人の個人番号を確認できる書類
(マイナンバーの通知カードまたは個人番号カード(写し可))
3.認印


医療費の自己負担金

医療機関などで病気やけがの治療を受けるときは医療費などの一部を負担していただきます。
負担の割合は基本的に1割ですが、同じ世帯内の被保険者の中で現役並み所得※の方がいる場合は、3割になります。

現役並み所得とは
後期高齢者医療制度の被保険者で、住民税課税所得(総所得金額から各種所得控除を差し引いて算出したもの)が145万円以上ある場合、「現役並み所得」として、同一世帯の被保険者は自己負担の割合が「3割」となります。

(ただし、昭和20年1月2日以降生まれの被保険者及び同一世帯に属する被保険者の基礎控除後の総所得金額などの合計が210万円以下であれば、自己負担の割合が1割となります。)


収入額による再判定(基準収入額適用申請)

現役並み所得(自己負担割合3割)と判定された場合でも、次の要件に該当される方は、申請(基準収入額適用申請)し認定を受けることにより申請月の翌月から1割負担に再判定されます。

再判定の要件

同一世帯 要件
被保険者一人のみ 被保険者本人の収入額が383万円未満
被保険者が複数 被保険者の収入額の合計520万円未満
被保険者一人のみ +
70歳以上75歳未満の方
被保険者本人の収入額が383万円以上
該当者の収入額の合計520万円未満


申請など受付窓口

・八王子市役所本庁舎 1階11番 保険年金課 後期高齢者医療担当
( 各種相談 ・ 保険証交付 ・ 申請等 )

・八王子駅南口総合事務所 及び 各事務所 (市内14事務所)
( 申請受付 ・ 保険証再交付 )


関連情報

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(後期高齢者医療担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7364 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム