現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 国保・後期高齢者医療・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税について > 国民健康保険税の算出 > 国民健康保険に加入しました。何月分から保険税が課税されるのですか。

国民健康保険に加入しました。何月分から保険税が課税されるのですか。

更新日:平成30年4月4日

ページID:P0003501

印刷する

回答

原則として国民健康保険税は届出日にかかわらず、資格を取得した月から課税されます。

国民健康保険税の課税月の例

届出日 資格を取得した日 保険税課税月 納税通知書送付月
平成30年8月1日 平成30年4月1日 平成30年4月分から

平成30年9月中旬

この例では平成30年の4月分に遡って保険税が課税されています。
平成30年度以前に遡って資格を取得された方は、保険税も地方税法の規定により遡って課税されます。

基本的に、届出をいただいた翌月に納税通知書を送付いたします。(例年の当初納税通知を除く)
届出いただいた月により、納める回数が変わります。
詳しくは以下のページをご覧ください。

  • 2月届出・3月届出、及び過年度分の国民健康保険税については、分割できる納期がないため1回での納付となります。
  • 事情があり、納期限内に納めることができない場合は、保険収納課までご相談ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(資格課税担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7236 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム