現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 国保・後期高齢者医療・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付について > よくある質問 > 医師が治療上必要と認めてコルセットを作りましたが、国民健康保険の手続きはどうすればいいですか。

医師が治療上必要と認めてコルセットを作りましたが、国民健康保険の手続きはどうすればいいですか。

更新日:平成30年4月1日

ページID:P0000632

印刷する

国保・年金に関する よくある質問

質問 医師が治療上必要と認めてコルセットを作りましたが、国民健康保険の手続きはどうすればいいですか。

回答

医師が治療上必要と認めて、コルセット、ギプスなどの治療用装具をつくったときには、療養費の申請を行ってください。

一時かかった費用を立替え払いしておき、あとで払い戻しをうけることになります。

申請書に必要事項を記入・押印のうえ、医師の診断書(同意書)内訳のわかる領収書を添えて申請してください。

療養費の申請書はダウンロードすることができます。

払い戻しの金額は、支給基準で認められている額から自己負担分を引いた額になります。

申請者は世帯主になります。

申請に必要なもの
  • 保険証
  • 印かん
  • 医師の診断書(同意書)
  • 領収書
  • 口座番号(原則世帯主様口座です。他の口座の場合は委任状が必要です。)
  • 靴型装具を作成した場合は、その現物が確認できる写真
申請場所
  • 医療保険部 保険年金課 給付担当(市役所本庁舎1階12番窓口)
  • 市民部各事務所(斎場事務所は除く)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(給付担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7235 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム