現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 生活・環境・交通・住宅 > 環境 > 地球温暖化防止 > 交通分野 > 水素社会実現に向けた東京都の取組について

水素社会実現に向けた東京都の取組について

更新日:平成30年2月19日

ページID:P0007117

印刷する

東京都では水素エネルギーを普及させるため、燃料電池自動車の導入や水素ステーションの整備をはじめ、家庭用や業務用への利用の普及等総合的な戦略を取りまとめるなど、水素社会の実現に向けて取り組んでいます。

燃料電池自動車を2020年までに都内6,000台普及させる戦略目標の達成に向け、燃料電池自動車の導入に対する補助事業を開始しました。

なお、都と国の補助制度を併せて利用することで、燃料電池自動車は400万円程度で購入可能となります。

モデルケース

(燃料電池車 販売価格 723.6万円)

  • 東京都の燃料電池車に対する補助は、国補助(202万円)の2分の1 ⇒ 101万円
    (補足)都内で420.6万円で購入可能
  • 補助対象:民間企業・個人

モデルケース図

補助金の詳細や具体的な内容につきましては、クール・ネット東京のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

また、東京都は水素エネルギーの普及に向け、官民両輪によるムーブメントを醸成すべく、民間企業や都内自治体等と共に「Tokyoスイソ推進チーム」(略称:チームすいすい)を発足させることといたしました。

詳しくは、東京都のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7384 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム