現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 生活・環境・交通・住宅 > 環境 > 生活環境 > アライグマ・ハクビシン > アライグマ・ハクビシンについて

アライグマ・ハクビシンについて

更新日:平成30年5月14日

ページID:P0023263

印刷する

外来動物のアライグマやハクビシンが住宅に棲みつき、ベランダにフンをするなどの被害の相談が寄せられています。被害を防ぐためには、侵入する可能性のある穴を塞ぐことや、餌になりうるものを庭に放置しないことなどの対策が有効です。

対策について

アライグマ・ハクビシンの被害にあわないためには対策を講じることが大切です。家屋や敷地に棲みつかないためには以下の対策が有効です。
・建物内への侵入口となる「すき間」を塞ぐ。
・敷地内にある農作物や果実は、時期がきたら早めに収穫をして残さない。
・生ゴミが見えたり、臭いがする状態で放置しない。
・餌付けをしない。

捕獲について

アライグマやハクビシンの捕獲については、都道府県知事の捕獲許可が必要となります。市では一般家庭や民間施設で確認されたアライグマやハクビシンの捕獲及び処分は行っておりません。
家屋の中にいるアライグマ・ハクビシンについての相談や駆除業者の紹介は、公益社団法人東京都ペストコントロール協会が無料で行っています。また、駆除にかかる費用については自己負担となります。

公益社団法人  東京都ペストコントロール協会
電話 03-3254-0014

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7217 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム