光化学スモッグ

更新日:平成30年3月1日

ページID:P0007176

印刷する

光化学スモッグとは

自動車や工場などから排出される窒素酸化物や炭化水素が、太陽の強い紫外線を受けると光化学反応を起こし、オゾンなどの光化学オキシダントを発生させます。気象条件によっては、この光化学オキシダントがたまり白くもやがかったような状態になることがあります。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。

光化学スモッグの発生しやすい条件

光化学スモッグは4月から10月にかけての日差しが強くて気温の高い、風の弱い日に発生します。特に、太平洋高気圧に覆われる7月から8月は、気温も高く紫外線も強く安定した天気が続くため、光化学スモッグが発生しやすい気象条件になります。

光化学スモッグの発生状況を知りたい

東京都環境局のホームページにて、現在の都内における(八王子市は多摩南部に属します。) 光化学スモッグ注意報等の発令状況を知ることができます。また、東京都環境局ではテレフォンサービス・メール配信サービスも行っておりますのでご利用ください。

東京都環境局テレフォンサービス 03-5640-6880

八王子市光化学スモッグ注意報等の連絡体制

小中高等学校、児童館、学童保育所などを対象とした連絡体制

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課(大気汚染対策担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7217 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム