八王子市小学校科学教育センター

更新日:平成30年6月26日

ページID:P0004741

印刷する

科学教育センターの活動風景(平成22年度)

活動の概要

1.目的

八王子市立小学校に在学する児童に対し、自然に関する科学的関心・意欲・態度、科学的思考力や技能の向上を目指し活動していく中で、八王子市全体の科学教育の振興及び将来における科学技術創造立国の担い手となる人材の育成を図る。(小学校科学教育センター要綱より)

2.対象者および募集人員 (補足)平成30年度の募集は終了しました

八王子市立小学校に通う6年生を対象とし、募集を行っています。
(各分室の定員は40名を基準としています。)

(補足)平成30年度  科学教育センター生 132名(1分室から4分室合計)

3.事業の内容

  1. 市内小学校を4つの分室に分け、分室ごとに行う分室活動と、夏休み中に大学等の他施設での合同学習を行います。
  2. 小学校5・6年生の教材を中心に、それから発展するものを含めて、基礎的・基本的な科学の学習活動を行います。
  3. 知識や理解だけでなく、生活の中に活かし、発展して学習できる活動を取り入れ、児童の能力を伸ばしたり、夢をもたせたりするような内容も取り入れています。
  4. 合同学習では、市内の大学等や企業との連携のもと、最先端の科学技術を体験できます。
  5. 一年間の活動の記録として、「自由研究・学習のまとめや感想」を綴った冊子を作ります。

4.科学教育センター組織

  • センター長
    八王子市立椚田小学校  校長  高橋 伸吉
  • 第一分室
    八王子市立椚田小学校
  • 第二分室
    八王子市立第五小学校
  • 第三分室
    八王子市立長池小学校
  • 第四分室
  • 八王子市立上壱分方小学校
  • 事務局
    八王子市教育委員会 指導課(教育センター)

平成30年度 活動計画

平成30年度 活動計画はこちら(PDF形式 179キロバイト)

科学教育センター質問と回答

質問1 科学教育センターでは、どんな活動をするのですか。

回答1 分室での学習=各分室の指導員の計画で実験・観察を中心とした学習をします。小学校5・6年生の教材を基本にそれから発展した内容の学習です。

質問2 活動するのはいつですか。 活動日数は何日ですか。

回答2 主に土曜日です。また、夏休み期間中は、平日にも活動します。
例年、開・閉講式を除く12日間のべ21回の活動があります。
(平成30年度の活動は、上記活動計画をご覧ください)

質問3 科学教育センターの活動する場所を教えてください

回答3 八王子市を4つの分室に分けて、通常はそれぞれの分室(学校)で活動しています。

質問4 活動は分室だけなのですか。

回答4 科学教育センター生全員を対象とした分室外での合同学習があります。

  • 帝京大学での学習
  • 市内企業の協力による科学教室
  • 神奈川県立生命の星・地球博物館の見学
  • 独立行政法人 国立高等専門学校機構 東京工業高等専門学校での「理科講座」などです。

質問5 科学教育センターの活動に参加したいのですが、どのように申し込めばよいですか。

回答5 1学期(4月中旬頃)に募集案内を各小学校に配ります。担任の先生から案内を受け取って申し込んでください。
(平成30年度の募集は終了しました。)

質問6 参加している児童や先生は何名くらいいるのですか。

回答6 平成30年度は参加児童132名、指導員(小学校の先生)75名です。
その他、合同学習などの講座では、大学教授や企業の方などの特別指導員が指導します。

質問7 お弁当や上ばきなど、持ち物について教えてください

回答7 いつも持ってくるものは「研究ノート、筆記用具、科学教育センター生証、科学教育センターのしおり、上ばき」です。
午後の活動がある場合は「お弁当」をもってきてください。
その他、道具や材料等が必要な場合は前もって分室ごとに連絡します。

質問8 実験用具などは借りられるのですか。

回答8 指導員が計画した実験を実施する場合は、実験器具は科学教育センターで準備します。
科学教育センター生が自由研究等で実験する場合の器具は、原則として本人が準備します。
分室の理科室の備品で支障が無い場合はお貸しできる場合もあります。

質問9 材料費など、お金はかかりますか。

回答9 科学教育センターが事前に計画した実験を実施する場合は、材料費はかかりません。
ただし、自由研究において、個人的に材料を購入する場合には、実費負担です。
また、博物館見学の際には、市教育委員会でバスを借り上げますので、お金はかかりません。(入館料も無料です。)

質問10 作ったものは持ち帰れますか。

回答10 原則として持ち帰れます。

質問11 自由研究は全員必ずやらなくてはいけないのですか。

回答11 自由研究は「参加も自由」です。小学生の間は様々な科学的な体験をたくさんして、科学的知識、考え方や実験の技術を身につけ、中学生以上になってから自分なりのテーマを見出して研究する、というのも一つの方法であると思います。
自由研究はしなくても、科学教育センターに参加したことがきっかけで理科が好きになってくれれば、それだけで十分ですが、せっかくの機会ですので積極的に取り組んでほしいと思います。

質問12 活動発表会はあるのですか。

回答12 「閉講式」の際、各分室の代表が発表をします。
また、分室活動の最終日に全員が発表を行います。

質問13 通う交通手段に自転車を使ってもいいですか。

回答13 交通手段に自転車を使用することは禁止しています。

この質問と回答コーナーを読んでもわからないことがあったら、科学教育センター事務局に電話で問い合わせください。
八王子市教育センター(科学教育センター担当) 電話番号 042-664-1135

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部指導課(教育センター)
〒193-0832 八王子市散田町2-37-1 
電話:042-664-1135 
ファックス:042-662-2988

お問い合わせメールフォーム