高尾山学園

更新日:平成28年12月28日

ページID:P0004714

印刷する

開設

平成16年4月  構造改革特区制度を活用して開設されました。

対象となる児童生徒

八王子市内在住の不登校児童・生徒。

(他の区市町村から転学を希望される場合は、本市に転居後、市の小中学校に在籍したのちに適応指導教室「やまゆり」を経て転学となります。)

教育目標

人間尊重の基本理念を根幹として、本校設立の主旨や児童・生徒の特性を考慮して、心と体を鍛え心身ともに健康な人間の育成を目指して以下の教育目標を定める。

1 気持ちを感じあえる人になろう

2 自分を伸ばせる人になろう

3 自信をもてる人になろう


基本理念

心の安定を図る

本校では、児童・生徒が、学校に行こうとする気持ちを大切にし教職員、心理相談員(教育支援課)、スクールカウンセラーが連携した教育相談体制を整え、児童・生徒の心身のケアを重視しています。


学習支援の充実

本校では、児童・生徒の学習状況を把握し、小集団による一斉授業の中で可能な限り、個に応じた指導をすることにより、基礎的・基本的な内容の確実な定着を図るとともに、多様な体験活動や伝統文化、技能等を経験できるよう教育課程を編成しています。

特色

1 すべての教育活動を通して、人とのかかわりを大切にし、豊かな心をはぐくむとともに、温かな人間関係づくりを目指しています。

2 児童・生徒の興味・関心等に応じ、小・中学校期に適した「集団活動」や「ものつくり」を通して、それぞれの技術や能力を高め、豊かな感性をはぐくんでいます。

3 「読む・書く・計算する」など、基礎学力の向上に努めています。 平成26年4月には中学部にきよたき教室(情緒障害学級)を設置して基礎学力の定着を図っています。

4 社会生活を営むために必要と思われる能力の向上を目指し、各学年に応じた校外体験学習や体験講座などの多様な体験的な学習を充実させています。

5 教員、心理相談員、スクールカウンセラー、プレイルーム指導員、講師、高尾山学園指導補助員等が積極的に連携し、児童・生徒や保護者との教育相談機能の充実を図っています。

6 保護者の不安や悩みなどを解消するために、保護者との連携を大切にし、学校と保護者及び保護者相互の関係づくりに努めています。

特色ある教職員体制

1 正規の学校教職員ほか、体験活動のための講師などによる充実した指導体制

2 プレイルーム指導員、スクールカウンセラー、市の心理相談員などによる支援体制

3 指導補助員を活用したチーム・ティーチングによる少人数指導
  (指導補助員は、お兄さん・お姉さん的立場から子どもたちに接し、時には相談相手となり、児童生徒の心の安定を図る支えとなります)

場所

八王子市館町1097番地の30

行き方  JR高尾駅・京王高尾駅南口より バス10分


施設

教育特区認定を受けたことから、校舎の耐震補強工事、改修工事を行い、相談室、ランチルーム、パソコン室や保護者室等を整備しています。

写真  相談室(左)  ランチルーム(真ん中)  パソコン室(右)


相談室 ランチルーム パソコン室

関連ファイル

パンフレット「おいでよ!高尾山学園」(PDF形式 1,547キロバイト)

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き八王子市のサイトを離れます)が必要です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部教育支援課 相談担当・登校支援(高尾山学園内)
〒193-0944 八王子市館町1097-30
電話:042-663-3216 
ファックス:042-663-3218

お問い合わせメールフォーム