現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 教育委員会 > 学校フォトニュース > 平成29年10月の学校フォトニュース

平成29年10月の学校フォトニュース

更新日:平成29年10月17日

ページID:P0021976

印刷する

「はちおうじ読書の日」物語の味を給食で(平成29年10月27日)

 本市では、市民の皆さんが生涯にわたって読書に親しみ、豊かな心を育むために、毎年10月27日を「はちおうじ読書の日」としています。市立小・中学校では、子どもたちに給食をとおして読書に親しんでもらうきっかけをつくろうと、本の物語にちなんだ献立を給食で提供しました。
 10月27日、元八王子小学校の給食の時間に学校司書が、絵本「バムとケロのにちようび」を朗読しました。物語の中に登場するドーナツをデザートで提供。子どもたちはドーナツをかじり「食べるまでどんな味がするのかわくわくした」などと話し、楽しみながら給食を味わいました。
 市立中学校のデリバリー給食では、小説「西の魔女が死んだ」の登場人物が作る「キッシュ」を物語と同じレシピで再現するなど、工夫を凝らした献立で子どもたちを驚かせていました。

図書コラボ給食

文化芸術フォーラムで中学生が未来への意見を発表(平成29年10月15日)

 10月15日、いちょうホールで本市在住の芸術家や音楽家、文化を発信する専門家などをパネリストに迎え「文化芸術フォーラム」が開催されました。これは、市制100周年を記念して、文化芸術や健康福祉、スポーツ・レクリエーションなど、8つのテーマについて未来への提言を行うリレー形式のフォーラムの1つで、次代を担う子どもたちの意見を組み込みながら、次の100年のまちづくりを市民の皆さんとともに考えます。
 この日は、甲ノ原中学校美術部の生徒も参加し「美術や音楽などの芸術はとても楽しいもの。市民の皆さんがもっと身近に芸術に親しめるようなまちにしていきたい」などと話し、八王子の文化芸術に対する提言を発表しました。

文化芸術フォーラム

クライミングウォールお披露目会を開催(平成29年10月10日)

 平成29年10月10日、市立第五小学校でボルタリング日本代表主将の杉本怜(すぎもとれい)選手を招いて、クライミングウォールお披露目会を開催しました。このクライミングウォールは、児童たちにさまざまな動きを体験してもらい、運動への興味関心をより高めようと同校の体育館に設置したもの。お披露目会では、杉本選手によるデモンストレーションや実技指導のほか、「夢をもって生きることの大切さ」についてお話いただきました。
 子どもたちは「ボルダリングはとても興味があったので、学校でできるようになってうれしい」。また「選手のお話を聴いて将来の夢に向けて自分が今何をするべきか考えたいと思った」などと話していました。

クライミングウォールお披露目会

「市制100周年記念献立」でお祝い(平成29年10月11日)

 市立小・中学校では市制100周年を祝うさまざまな取り組みを実施しています。9月から10月までの給食の時間には、「市制100周年記念献立」でお祝いしました。伝統野菜の八王子ショウガを炊き込んだごはんや、桑の葉の粉で作った桑の葉の団子汁、恩方産のブルーベリーのデザートなど、八王子の特産品を食材に使用した献立が登場。給食をとおして地域の農業や歴史により親しみを感じてもらえるよう工夫を凝らしています。
 給食を味わった子どもたちは「八王子は、おいしい野菜や果物が採れるから大好き」と話し、市制100周年を祝福しました。また「これからもたくさん食べて八王子を元気にしたい」と頼もしい声が聞かれました。

100周年記念献立


このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部学校教育政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7403 
ファックス:042-627-8811

お問い合わせメールフォーム