現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 子どもとその家庭 > お知らせ > 情報誌、ソーシャルメディア > その他 > 子育て情報モバイルサイト「はち☆ベビ」のご案内

子育て情報モバイルサイト「はち☆ベビ」のご案内

更新日:平成30年6月8日

ページID:P0001648

印刷する

はちベビロゴの画像

お子さんの生年月日(出産予定日)を登録すると、妊娠中のママや乳幼児期のお子さん一人ひとりにあわせて、子育てお役立ち情報が届くサービスです。(登録、利用は無料)
2人目以降の妊娠・子育て中の方も、もちろんご登録いただけます。ママだけでなく、パパやご家族みなさんで登録し、ご覧くださいね。

ご登録方法

ご利用にあたっては、下記ポータルサイト「子育て情報モバイルサイト はちベビ」からご登録をお願いします。

子育て情報モバイルサイト「はちベビ」(外部リンク)

QRコードはこちらです(こちらの二次元コードからもアクセスできます。)

  • お子さんの生年月日または出産予定日、メールアドレス、ハンドルネーム等のみのご登録で利用いただけます。個人が特定されるような情報(実名等)は、登録には必要ありません。
  • 登録料、利用料は無料です。ただし、通信費・パケット代については利用者のご負担となります。ご了承ください。

配信情報

予防接種スケジュール

お子さんの予防接種のスケジュールを自動で作成し、接種日が近づくとメールでお知らせします。予定日に接種できなかった場合は、その後のスケジュール調整も行います。
近隣の予防接種実施の医療機関検索、市の子育て支援情報や流行疾患などの情報閲覧もできます。

すくすくメール

妊娠期からお子さんが3歳の誕生日まで、定期的に届く子育てメールマガジンです。初めて経験することの多い妊娠・子育て期に役立ち、安心につなげていただけるよう、 妊娠週数やお子さんの月齢に応じた情報をお届けしています。

  • 妊娠中は、おなかの赤ちゃんの様子、ママやパパへのアドバイスなどが届きます。
  • 赤ちゃんが生まれたら、3歳のお誕生日までの間、子どもの成長のことや授乳、だっこのアドバイスなど、子育てに役立つメールがに届きます。
  • 季節のおたよりやイベント情報などのお知らせも定期配信しています。

配信回数

  • 妊娠中は毎日
  • 1歳誕生日までは、毎日または3日に1回程度
  • 2歳誕生日までは、1週間に1回程度
  • 3歳誕生日までは、2週間に1回程度

配信イメージ

配信イメージの画像

注意事項

予防接種スケジュールについて

実際の予防接種を受ける際は、当日のお子さんの体調などを考慮していただき、医師の判断のもと接種してください。また、このサービスは予防接種のスケジュールを自己管理するためのもので、母子健康手帳の代わりにはなりません。接種の際には、必ず母子健康手帳を持参してください。

すくすくメールについて

お届けする内容は、医師・助産師・保健師などの専門家監修を受けたものですが、赤ちゃんやママの様子などについては一般的な経過であり、個人差があります。ご了承ください。

プレママ・プレパパ、子育て中のママ・パパへ(読者アンケートより)

平成29年度に行った「すくすくメール」読者アンケートで、「はちベビ」の感想のほか、妊娠・子育て中のみなさんへの応援メッセージなどをお寄せいただきました。 

「はちベビ」や「すくすくメール」について

・「はちベビ」、ぜひ登録することをおすすめします!毎日お腹の赤ちゃんの様子を教えてくれたり、自分の気持ちを理解し代弁してくれるような内容にとても励まされますよ!もっと早く登録すればよかったと思うくらいです(笑) 予防接種のスケジュールもわかりやすく、こまめに知らせてもくれるので役に立ちます!
・これだけは押さえておきたい!というような情報を得られます。余裕がない時でも、これだけは読みたくなりました。ホントに。これから起こるかもしれないことへの心づもりもできて、ほんとに助かっています。
・毎日届くメールがタイミングよく自分の子どもの状況と一致、または数日後やって来ることに驚きを感じるので、ぜひとも。登録した方にしか分からない情報が得られることは間違いありません!
・「はちベビ」に登録しておくと、妊娠、出産、育児や予防接種、八王子市の親子で楽しめるイベントなどいろいろ教えてくれるので、とても便利です!

「子育てひろば」やお出かけ先などについて

・子育てってあっという間だよ!ってよく聞きますが、毎日毎日その月齢による悩みに向き合いながら子育てしていると、とてつもなく長く感じ、早く大きくなってほしい、歩いて、喋って、手を離れてほしい、と願う事も多々あります。でも、2歳7か月になった娘を見てふと思うのは、あっという間だった!と言う事です。子育ての悩みを親身になって聞いてくれる支援センターや児童館の先生方、共有し共感してくれるママ友、はちベビメールでの様々な情報や励ましに助けられながら、日々奮闘しています。悩んだ時はどこかに必ず聞いてくれる方がいますので、最初は不安でしょうが、扉を叩いてみてください。
・一人で悩まず、市の子育て広場や保育園のひろばなどにどんどん出掛けることで、親も子どもも友だちができたり、楽になれます。八王子はどんどん子育てしやすい街になってきていると思うので、積極的に利用しましょう!
・私も親になるまで分からなかったけど、意外と近所にたくさんの子育て広場とか保育園の広場、支援センターでの催しなど沢山あります。ぜひ色々出かけてみてほしいです。
・八王子市は、子育て広場やイベントが充実していて、少し情報を集めれば、地域の人と繋がれる機会がたくさんあります。ぜひいろんな情報を活用して、楽しく子育てしてください!
・支援センターやゆめきっずなど、初めは行くまでなかなか勇気がいりましたが、いざ利用してみたら気軽に声を掛けてくださるスタッフさんや初めて会うママさんが多く、周りに知り合いが少ない私にとっては、ちょっとした悩みも相談できたり、アドバイスをもらったりで本当に助かってます!
・同じようなママさんやお子さんにも会えるので、子ども家庭支援センター等行ってみるといいと思います。
・ゆめきっずの担当者が非常に親身になって話を聞いてくれるので、わたし自身気持ちが楽になり、子育てにおいて何度も助けられました。第二の家族のようです。子どもの遊び場だけでなく、母親の相談場としてもぜひ活用して欲しいです。
・八王子駅の駅ビルはベビーカーの貸し出しがあって、とても便利です。買い物で気分転換できるのでオススメです。
・駅ビルはゆめきっずで遊んで、帰りにはベビー用品も買えて、妊娠期~子育て期まで幅広く利用可能です。
・調べると、八王子は色々なところで子育て支援のイベントをしてくれています。周りの人に頼りながら、一緒に子育て頑張っていきましょう♪
・八王子には子育て向けの広場や様々なイベントがあり、子どもにもいい刺激となり、ママもリフレッシュさせてもらっています。
・子ども家庭支援センターをたくさん利用して、家に引きこもらないで、たくさんのママ友を作って、育児を楽しんでください!

*「子育てひろば」はこちらからご覧ください。

応援メッセージなど

・赤ちゃんとの生活、夢中で過ごす時間は大変だけどあっという間です。つらいつらいと思う時間も、いっしょにいて楽しい嬉しい時間で帳消しになりました。こうじゃなきゃ、という正解はないと思うので、自分なりにたくさん工夫して赤ちゃんとの毎日を大切に過ごしてください。でもほんとママの息抜きは大事です。ちょっと離れるだけでも全然違うので、辛くなったら頑張りすぎずにだれか(家族じゃなくても大丈夫)に頼りましょ。
・私も出産と共に八王子に引っ越してきたので、まだまだ地域の中に何があるのか模索中です。引っ越してきた当時は、誰1人知らない環境で不安でいっぱいでしたが、街や電車の中では、「いくつなの?可愛いね」などと、温かい声をかけて下さる方がたくさんいて、素敵な街だなと実感しました。地域全体で子育てを支援してくれる、素敵な街だと思います。
・地元を離れ1人目の新米ママですが、市の相談員さんに子育て相談ができたり、ママ友さんとの情報交換で楽しく子育てをする事ができています。八王子市のイベントも沢山あるので賢く利用して、子育てを楽しんでいけるように頑張りましょう!
・八王子市はイベントがもりだくさんで知り合いが増えたり、地域で子育てさせてもらってるなーと強く思います。相談できるところや人はたくさんあるのでひとりで抱え込まず、外に出てみてください。必ず誰か助けてくれる人はいます。
・わたしも八王子市民としての親歴はまだ2か月ですが、自然と都市のバランスがよく、まるでニューヨーク市民になった気分です(笑) 街の人も老若男女問わず、ベビーカーに寛容な(むしろ優しい)印象です。このような関係が続くよう、親である私たちも、日頃から笑顔で感謝を伝えていけたらいいなと思っています。
・お父さんお母さんも1年生。お子さんの日々の成長と子育てを楽しんで下さいね。
・目の前のことでいっぱいいっぱいになってしまうことがあったら、ひとまず深呼吸。少しでも気持ちを落ち着かせるとかなり違ったように感じます。
・家にこもっているとモヤモヤしがちだけど、外に遊びにいくと視界が開けますよ。
・目安の情報はあくまでも目安。そのお子さんにあった子育てをしていきましょう!
・子育ては1人じゃできないし、子どもの個性も生まれたときから、もうそれぞれです。みんなで助け合って、みんなで尊重し合っていきたいですね(^-^)
・3人目の育児で、やっといろいろわかってきました。経験って大切だなと思います。初めての育児のときには、子ども家庭支援センターなどで経験のあるママさんや職員さんと話をするだけで、色々なヒントがもらえると思います。
・まだ生意気なことはいえませんが、産後少し体が動けるようになったら少しの時間でも外に出てください。そして誰かにかわいいねっていってもらったり、ニコッとしてもらったり、何より外で我が子をみてください。たぶん家の中でみるより、かわいくみえますよ。
・八王子は子育てに優しい街です。地域で育てようという市の努力がとても感じられます。街の方、特にご老人など、赤ちゃんを見て話かけてくれたり、バスではいろんな方が席を譲ってくださいます。みんなに助けられて子育てしているという実感があります。
・とっても可愛い赤ちゃんの時期は、過ぎれば一瞬のように感じるものだそうです。その可愛さを堪能できるように、リラックスして一緒に育児を楽しみましょ~♪
・自分で思っているよりも、頑張っている!無事家族が生きてれば、それで十分^_^
・子育ては冒険に満ちています。モネ的状態でも、ピカソ的状態でも。
・高尾在住です。八王子は緑も多く、都会よりのんびりした子育てができていいですよ。
・子どもを産んだ直後は孤立しがちだけれど、いろんな人に助けを求めて、一人もしくは夫婦だけで抱え込まないでほしい。
・子どもを産んで、八王子市や色んな幼児機関の子育てサポートに大変助けられてます。皆で助け合って元気な心で子ども達を育てましょうね。
・寝不足やからだの変化などもあり、きついときもありますが、赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまうので、楽しんで子育てでしてもらいたいです。
・不安でいっぱいだと思うけれど、みんな最初はそうです!子育てはマイペース!
・最近はイライラしたりして、子どもに強く怒ってしまい反省の日々です。どんなに大切な子どもでも、ママもまだママになったばかりで、不安や悩み、大変な毎日でイライラしたりすると思います。ママも感情がある人間なので、イライラして当たり前ですよね。それと、愛している気持ちは言葉で伝えてあげると良いと思います。何事も言葉で伝えないと、なかやか届きませんから。私の長男は、「ママを選んで来たんだよ」って言っていました。それと、「お空でジャンケンして、ママの所に行く順番を決めて、ママ達が呼んでくれるのを待ってたんだよ」とも言ってました。6年間、授からずに毎月泣きましたが、今は私を母にしてくれた子どもたちに感謝です。子どもは大切な宝です。
・先月、年子ママになったものです!夫は平日、朝早くから夜9時頃まで仕事なので、平日はワンオペ育児です。1歳児と新生児との生活、1か月がたちました。2度目の経験とはいえ、1人目の時もそうでしたが、新生児との生活は思い描いていた様な生活とは程遠いものでした。社会から離された様な気持ちになり、会話も夫としかしない日々。自分のご飯、トイレ、お風呂の時間もろくにとれず、家事も思うようにいかない。子どもが泣いて抱っこしても泣き止まなくて、一緒に泣いた日もあります。皆はできてるのになんでできないんだろう、ダメな母親なのかな。なんて思い詰めたり、夫に八つ当たりし、喧嘩になる事もありました。支援センターにいく勇気も持てず、上の子が10か月までデビューもできませんでした。上の子が1歳超えて今思うこと、自分に言い聞かせる意味も込めて、新しくお母さんになる方、今新生児との生活をされている方にエールを送らせて下さい!毎日育児お疲れ様です!きっと周りのお母さんも同じように悩みながら、耐えながら日々子育てに励んでいると思います。だから自分はダメなんて思わないで下さい。皆同じですよ(^^) もし、笑顔になれない日があったら寝る前に1回でいいから、子どもに大好きだよって、今日はニコニコママじゃなくてごめんねって、無理にでも笑顔つくってぎゅーってしてあげてほしい。ママの気持ちは子どもにうつります。ママがイライラしてたら子どももイライラ、ママがニコニコなら子どももニコニコ♪ 寝不足でフラフラになるけど、まずは3か月!3か月もたてば、すっごくすっごく可愛い笑顔を向けてくれるようになります。そしたらまた3か月頑張りましょう(^^) 溜め込まないで、ちゃんと周りを頼ってくださいね!あ!パパさんもちゃんと育児に参加して下さいね!2人が望んだから来てくれた赤ちゃん、ママと一緒に2人で育児して2人で親になっていきましょう。何をしていいかわからなかったら、ママに聞いて挑戦してみてくださいね。長文失礼しました!
・まだ産まれていませんが、、、大変な時も含めて妊婦生活をのんびりとマイペースで向き合っていくことが大事だなと、つくづく思っています。働いているとバランスのとれた食事をとることが困難であったり、仕事のストレスや疲れがたまることも多く、無事育っているのか不安になることもありますが、パートナーと、楽しみも不安も分かち合いながら、できる限り楽観的に過ごしていくことが、赤ちゃんにとって最も大事なことなのではないかなーと、この9か月間感じました。栄養面ももちろん重要ですが、笑い声や楽しい気持ちが最も赤ちゃんの健康にとって大事な気がします^ ^ 産まれたら睡眠不足になったり大変だという声を多く聞きますが、産まれてからも完璧は求めず、時には家族や友人に甘えながら、可能な限りのんびり赤ちゃんと向き合って一緒に成長していけたらなと思います。(妊娠中のママより)

関連ファイル

チラシ(PDF形式 464キロバイト)

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き八王子市のサイトを離れます)が必要です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部子どものしあわせ課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7391 
ファックス:042-627-7776

お問い合わせメールフォーム