高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000953

印刷する

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業とは

高等学校を卒業していない(中退を含む)ひとり親家庭の親及び20歳未満の児童が、安定した就業のため高等学校卒業程度認定試験(以下、「高卒認定試験」とします)の合格を目指して対象講座を受講する場合、その学び直しを支援することを目的に給付金を支給します。

ただし、この給付金の申請をする方は、必ず対象講座の受講申し込み前に、母子・父子自立支援員に事前相談が必要です。

ただし、この給付金の申請をする方は、必ず対象講座の受講申し込み前に、事前相談が必要です。

対象者

市内にお住まいで、20歳未満のお子さんを養育しているひとり親家庭の親及び20歳未満の児童で、次のすべての要件を満たす方。

  • ひとり親家庭の親が児童扶養手当の支給を受けているか、児童扶養手当の支給要件と同等の所得水準にあること
  • 高卒認定試験に合格することが適職につくために必要であると認められる方
  • 大学入学資格を取得していない方
  • 過去に同じ給付金を受けたことのない方

対象となる講座

高卒認定試験の合格を目指す講座(通信制講座を含む)とし、市長が適当と認めたもの

※高卒認定試験の試験科目の免除を受けるために高等学校に在籍して単位を修得する講座を受け、高等学校等就学支援金制度の支給対象となる場合は対象となりません。

支給額

受講修了時給付金

対象講座の受講料の20パーセント(上限100,000円)

※支給額が4,000円を超えない場合(受講料が20,000円以下の場合)は、対象としません。
※給付金が支給されるのは、受講修了証明書等の確認後です。

合格時給付金

対象講座の受講料の40パーセント(受講修了時給付金と併せて上限150,000円)

※受講修了日から2年以内に高卒認定試験に全科目合格の場合、支給されます。
※給付金が支給されるのは、合格証書等の確認後です。

手続き

  1. 事前相談
    対象講座の受講申し込み前に必ず相談に来てください。
    事前相談では、母子・父子自立支援員が希望する職種や生活の状況などをお伺いし、高卒認定試験に合格することが、適職につくために必要かどうかを確認します。
    受講予定講座の資料をお持ちになり、子育て支援課へ予約の上、お越しください。
  2. 受講対象講座指定申請
    事前相談後に申請書類を受付けし、審査を行います。
    申請には、受講講座の資料、印鑑、ひとり親家庭の親と児童の戸籍謄本等が必要です。
  3. 給付金支給申請
  • 受講修了時給付金
    講座修了の翌日から30日以内に支給申請を行ってください。
    支給申請には、受講修了証明書、受講料の領収書、印鑑、ひとり親家庭の親と児童の戸籍謄本等が必要です。
  • 合格時給付金
    合格証書に記載された日の翌日から40日以内に支給申請を行ってください。
    支給申請には、合格証書、印鑑、ひとり親家庭の親と児童の戸籍謄本等が必要です。

※途中で支給要件に該当しなくなった場合は、給付金の支払いはできません。
※不正な手段により支給を受けた場合は、支給額の全額を返還していただきます。

事前相談、受講対象講座指定申請、給付金支給申請は、来所前に必ず電話予約をしてください。

予約電話番号 042-620-7362

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部子育て支援課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7368 
ファックス:042-621-2711

お問い合わせメールフォーム