現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 子どもとその家庭 > 手当・助成・ひとり親家庭への支援 > 医療費の助成等 > 都外での受診等による医療費自己負担分の請求について

都外での受診等による医療費自己負担分の請求について

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0001739

印刷する

医療証の資格期間内に医療機関で支払った保険診療の自己負担分のうち、助成対象額が還付されます。
下記に該当する方は、申請書に記入のうえ、領収書を添えて申請してください。
不明な点がありましたら、子育て支援課までお問い合わせください。

申請について

1 対象者

  • 東京都外の医療機関で受診された方
  • 東京都内で医療証を取り扱わない医療機関に受診された方
  • 医療証が到達する前に受診された方または、医療機関に提示できなかった方
  • 東京都外の国民健康保険証をお持ちの方
  • 他の医療助成制度の自己負担分を支払った方で、医療助成制度の自己負担分や、入院時食事療養費標準負担額相当分を超えた方
  • 治療用の補装具・眼鏡等にかかる費用を支払った方

2 申請に必要なもの

  1. 医療証に記載されている保護者名義の金融機関の口座番号がわかるもの。
  2. 医療機関の発行する保険点数と受診された方の名前が記入されている領収書(コピー不可)。
  3. 印鑑(認め印可)。

(補足)ただし、高額療養費・補装具・眼鏡等の場合は、必要書類が変わります。子育て支援課までお問い合わせください。

3 助成方法

最短で申請をお受けした月の2か月後に、ご指定の口座に決定額を振り込みます。
ただし、高額療養費、眼鏡、補装具等に該当している場合は、保険給付の決定後に振り込みます。
決定額については、振込み前に通知いたします。

4 助成できる範囲

医療証の資格期間内に受診し、以下に該当するものを支払った場合。

  • 保険診療の自己負担分のうち、対象額。
  • 他の国制度や都制度の医療助成制度の自己負担分が一部負担金を超える場合、その差額。
    (ただし、入院時食事療養費標準負担額は除きます。)

(補足)健康診断料、予防接種料、文書・診断料、容器代・入院室料差額代に係る費用など、健康保険が適用されないものは助成できません。

5 その他の注意事項

  • お支払いいただいた金額が、21,000円を超えている場合は、高額療養費や附加給付に該当している可能性がありますので、子育て支援課またはご加入の健康保険組合等まで、お問い合わせください。
  • 保険診療適用内であるにも関わらず健康保険証を持参せず受診された場合、あるいは、補装具や弱視用眼鏡等にかかる費用を支払われた場合など、10割全額負担されている方は、先にご加入の健康保険組合等に療養費の支給申請をしてください。
  • 医療費の請求期間は、支払日の翌日から5年間(補装具等、一部を除く)ですので、お早めに支給申請をお願いいたします。

申請窓口

窓口又は郵送で申請が可能です。

1 窓口申請

八王子市役所本庁舎 子ども家庭部子育て支援課、浅川・由木・元八王子・北野事務所

祝休日を除く月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時

八王子駅南口総合事務所 子ども窓口

祝休日を除く月曜日から金曜日の午前8時30分から午後7時
日曜日の午前8時30分から午後5時(日曜日は受付業務のみの対応となります。)

南大沢事務所

祝休日を除く月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時
日曜日の午前8時30分から午後5時(日曜日は受付業務のみの対応となります。)

2 郵送申請

郵送での提出の場合は、以下の概要及び記入例をご確認のうえ、「乳・子・親共通支給申請書」から申請書をダウンロードしてご申請ください。

(補足)子育て支援課到着日が申請日となります。同封する領収書等の取り扱いにご注意ください。

送付先

郵便番号 192-8501
八王子市役所子ども家庭部子育て支援課

(補足)郵便番号のみで到達しますので、住所の記載は不要です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部子育て支援課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7368 
ファックス:042-621-2711

お問い合わせメールフォーム