現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健所 > 環境衛生 > ねずみ・衛生害虫 > デング熱等の予防のため蚊の発生防止にご協力ください

デング熱等の予防のため蚊の発生防止にご協力ください

更新日:平成30年8月30日

ページID:P0002800

印刷する

蚊の発生防止にご協力ください

雨水の溜まったプランター

(画像1)雨水の溜まったプランター


平成26年、都内でデング熱の国内感染が確認されました。今夏もデング熱やジカ熱をはじめとする、蚊が媒介する感染症に注意する必要があります。

これらの感染症を防ぐには蚊を発生させないこと、特に蚊の水中幼虫(ボウフラ)の対策がとても重要です。

ボウフラは、池や川、雨水・排水ますのほか、屋外に放置されたゴミや古タイヤ、バケツ、植木鉢、プランターなどに溜まったわずかな雨水や汚水にも発生します。

庭や屋外に植木鉢、バケツなどを置いている場合は、屋内に片づけるか、こまめに溜まった雨水を捨て、水溜まりをなくしましょう。またゴミは屋外に放置しないようにしましょう。

暑い季節に向けて、各家庭での蚊の発生防止にご協力をお願いいたします。

(注意)これらの感染症は人から人へ感染することはありません。

デング熱媒介蚊(ヒトスジシマカ)

(画像2)デング熱媒介蚊(ヒトスジシマカ)












感染症媒介蚊の調査について

毎年、6月~10月に八王子市内で、感染症媒介蚊の生息調査、ウイルス分析を実施しています。

調査の概要及び結果は下記のリンク先をご参照ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部(保健所)生活衛生課 環境衛生担当
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5142 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム