現在位置 :  トップ  >   くらしの情報  >   子どもとその家庭  >   子育てのための手当・助成制度  >   乳幼児医療費助成制度(マル乳)


ここから本文です。

乳幼児医療費助成制度(マル乳)

 


乳幼児(就学前児童)の医療費を助成します

対象者

 市内在住の乳幼児(6歳になって最初に迎える3月31日まで)のお子さんで次の条件を満たしている方。
 (1) 国民健康保険または各種社会保険に加入している。
 (2) 生活保護・里親制度などを受けていない。
 


助成内容

 医療費のうち保険診療の自己負担分を助成します。(入院時の食事代は助成対象外です。)


助成の方法

 医療証(マル乳)を交付しますので、都内の病院等で受診の際、保険証と一緒に提示してください。

 都外や、医療証(マル乳)を取り扱わない医療機関で受診したときなどには、医療助成費支給申請書に医療費の領収書を添付して保険診療の自己負担分を市に請求できます。支給申請書は、下記『都外での受診等による医療費自己負担分の請求について』からダウンロードできます。(郵送可)


助成期間

 医療証(マル乳)を使用できる期間は、下記のとおりです。

始期
 出生日(または転入日)から3か月以内に申請した場合は、出生日(転入日)から。
 そのほかの場合は、申請した月の初日から。

終期
6歳になって最初に迎える3月31日(小学校入学前)まで。


所得制限

所得制限はありません

※認定区分設定のため、所得額の確認は行います。


申請に必要なもの

  (1)印鑑(自署の場合は印不要です)
 (2)申請者およびお子さんが加入する健康保険証の写し(電子申請の場合、スキャナーや写真ではっきり写ったもの)
  カード式の方は、申請者とお子さんそれぞれの分を添付してください。
  出生による申請の場合、お子さんが加入する予定の保険証の写しで結構です。
 (3)平成27年1月2日以降に市外から転入された方は、保護者(父・母両方)の平成27年度所得証明書原本
 (4)申請者と配偶者の個人番号カード(通知カード)と来庁者の身元確認書類
                  
※所得証明書について
  ・市区町村によっては、「課税(非課税)証明書」として発行される場合があります。
   所得額・扶養人数・控除額・税額の内訳の記載があるものをご用意ください。
  ・源泉徴収票、税額決定通知書等では受付できません。
  ・配偶者が配偶者控除の対象となっている場合は、配偶者分の所得証明書は必要ありません。
  ・平成28年1月2日以降に転入された方は、平成28年度所得証明書原本の提出が必要です。
   必要な方には更新時期にお知らせします。

※個人番号の記載及び身元確認書類について
・平成28年1月1日より、申請時に申請者及び配偶者の個人番号を記載する必要があります。また、個人番号の記載された書類を提出する方の、身元確認書類の提示が必要になります。
 身元確認書類の詳細に関してましては、以下のリンクをご確認ください。

なお、通知カードの未着等で個人番号が不明な場合、番号の記載が無くても、申請受付は可能です。

※その他必要に応じて書類の提出をお願いする場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

※必要書類が揃うまでに時間を要する場合は、先に申請書を提出してください。

※同時に、児童手当の申請をされる方は、児童手当の必要書類等もご確認願います。

申請窓口

電子申請は東京都電子自治体共同運営サービスで受け付けています。

郵送での申請の場合、申請書は、下記『児童手当・乳幼児医療費助成制度・義務教育就学児医療費助成制度共通』からダウンロードできます。
  送付先 〒192-8501
      八王子市役所子ども家庭部子育て支援課
            ※郵便番号のみで到達しますので、住所の記載は不要です。

 窓口で申請される場合は、

八王子市役所本庁舎 子ども家庭部子育て支援課、浅川・由木・元八王子・北野事務所
 祝休日を除く月~金曜日の午前8時30分~午後5時

八王子駅南口総合事務所 子ども窓口
 祝休日を除く月~金曜日の午前8時30分~午後7時
 日曜日の午前8時30分~午後5時(日曜日は受付業務のみの対応となります。)

南大沢事務所
 祝休日を除く月~金曜日の午前8時30分~午後5時
 日曜日の午前8時30分~午後5時(日曜日は受付業務のみの対応となります。)
 


更新手続

 平成25年度以降、公簿等で所得の確認ができる対象者の資格は自動更新となります。

 所得の確認のとれない方、別途書類の提出が必要な方には、年度更新前に通知を郵送します。
 該当する方は必ず提出をお願い致します。


交通事故等にあったら

 第三者の行為(他人の行為が原因の病気・ケガ)によって医療機関にかかった場合の医療費は、本来加害者が負担すべきですが、健康保険証が使用できれば医療証(マル乳)を使うことができます。ただし、この場合には下記の届出が必要となりますので、必ず連絡してください。

 第三者の行為とは
 他人の行為が原因で病気・ケガなどになった場合、その行為を「第三者の行為」といいます。


こんなときには連絡を

 出生や引越しなどで児童の人数に変更が生じた場合、医療証の登録内容に変更が生じた場合には(氏名・住所・保険変更等)届出が必要です。

 変更に伴う届出用紙は、下記『児童手当・特例給付・乳幼児医療費助成制度・義務教育就学児医療費助成制度共通』からダウンロードできます。


マイナンバー制度に関する事務の「特定個人情報保護評価書」の公表

PDFをご覧になる場合は Adobe Reader (無償ソフト)が必要です。
AdobeのWebサイト(外部リンク)からダウンロードしてください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部子育て支援課
電話:042-620-7368 ファックス:042-621-2711 メールでのお問い合わせ専用フォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ戻る