給食における放射線の測定について

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005815

印刷する

1 目的

本市では、給食の食材については生産地の食品検査等を踏まえて、献立を工夫しています。給食食材は新鮮なものを提供することから、当日の朝に納品され調理をおこないます。こども達が実際に食べる状態で放射線量を確認することで、安全安心な給食を保護者の皆様に再確認していただきたいと考えています。

2 対象施設

市内小中学校、幼稚園、保育園等

3 測定方法

保健所のNaI(ヨウ化ナトリウム)シンチレーションスペクトルメーター

消費者庁から貸与を受けたNaI(ヨウ化ナトリウム)シンチレーションスペクトルメーターにより測定を実施いたします。各施設で調理された給食を保健所に運び込んで測定します。測定は、平成24年7月以降、順次実施してまいります。

(注意)給食を容量1リットル単位で細かく砕いて、セシウム等の放射線量を測定します。

(注意)測定器 RAD IQTMFS300(株式会社千代田テクノル)
使用する測定器は、平成24年4月以降の新たな食品の基準値に対応できる機器です。

4 測定結果

測定結果については、下記をご覧ください。

5 測定に関するお問い合わせ先

保育園・幼稚園の給食に関すること 保育幼稚園課 電話番号 042-620-7247
小中学校の給食に関すること 保健給食課 電話番号 042-620-7330
測定に関すること 生活衛生課 電話番号 042-645-5115

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部生活衛生課
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5111 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム