現在の場所 :
トップ > もしもの時のために > 防災・防犯情報 > 防犯情報 > 関連情報 > 「ストーカー規制法」とは

「ストーカー規制法」とは

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0005642

印刷する

目的

ストーカー行為等について必要な規制を行うとともに、ストーカーの被害者に対する援助の措置を定めることによって、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、国民の生活の安全と平穏を助けることを目的としています。

定義

ストーカー規制法の「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情やその他の好意の感情が満たされなかったことに対する恨みの感情を充足する目的で、特定の者またはその配偶者や親族など密接な関係を有する者に対しての次のいずれかの行為をすることを言います。

  • つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校等、通常所在する場所の付近で見張りをしたり押しかける。
  • 行動を監視していることを告げる。
  • 面会、交際など義務のないことを要求する。
  • 著しく粗野で乱暴な行動をする。
  • 無言電話や拒絶されたにもかかわらず連続して電話をかけたりファックスなどを送る。
  • 汚物、動物の死体などを送る。
  • 名誉を傷つけることを告げる。
  • 性的羞恥心を害する事項を告げたり、性的羞恥心を害する雑誌などを送りつける。

警告

警視総監もしくは都道府県本部長または警察署長は、つきまとい等をされたとして警告の求める旨の申し出を被害者から受けた場合、規定に違反する行為があり、かつ、ストーカー行為を反復して行う恐れがあると認めるときは、そのストーカー行為者に国家公安委員会規則で定めるところにより、警告することができる。

罰則

ストーカー行為をした者は、6か月以下の懲役、または50万円以下の罰金に処する。尚、前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
警告、禁止命令などに違反したストーカー行為をした者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

市民部市民課(庶務・業務担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7361 
ファックス:042-626-2381

お問い合わせメールフォーム